【厳選】マレーシアの美味フルーツ7選。これ食べとけば間違いない。

こんにちは、
そろそろ寒さから逃げる支度を始めています、Chihiroです(´;ω;`)

日本は徐々に寒さを感じる季節になってきましたね!
私は個人的に桃や梨といった日本の夏フルーツが大好きなんですが、もはやその時期も終わり,,,
冬のみかんも大好きなんですが、みかんよりも冬の寒さが本気で嫌いなのでマレーシアが恋しくなる一方です….
マレーシアが恋しいというよりはマレーシアの食べ物が恋しいですわw

ということで、今回はマレーシアフルーツ歴6年の私が
マレーシアに来たら絶対食べておきたいフルーツを厳選しました!

例えばバナナやパイナップルといった、日本でも幅広く流通しているフルーツは除外しています。
この記事ではマレーシアでしか手に入らないフルーツの品種や旬の時期も解説しますよ(*゚∀゚)

ドリアン

言わずと知れたフルーツの王様、ドリアンです。
ドリアンといえば臭いイメージが強いのですが、
実際に食べてみると想像していたより臭くなかったと言う日本人が続出してます。
好き嫌いが別れるフルーツではありますが、最初が肝心です。
ドリアンを食べたことのない人は下の記事を読んで
ドリアンに対するハードルを下げることをおすすめします(`・ω・´)ゞ

ドリアンの味を一言で表すと?
ドリアンの味を一言で表すと?
ドリアンはマレーシアのローカルの人々にはとても人気のあるフルーツです。 まぁローカルの中にも嫌いな人はいるのですがいったんそれは置いといて...

ドリアンと一言いっても、タイやフィリピンでも生産されていますし、
シンガポールや香港でも購入することはできます。
しかしドリアンはマレーシアのものが断然美味です。
中でも特出して美味しいのが猫山王(Musang King)ドリアン
この猫山王ドリアンはマレーシアでしか生産されていない品種です。
甘さが他のものと格段に違います。
食べるとドリアンの世界観が変わること間違いなしです。

ドリアンが一番出回るシーズンは8月前後です。
詳しい旬の時期についてはこちらの記事をどうぞ。

マレーシアのドリアン収穫シーズンをざっくり知っておこう
マレーシアのドリアン収穫シーズンをざっくり知っておこう
前回ドリアンチェンドルの記事を書きましたが.... しかし、残念ながら2018年5月3日現在 ドリアン絶賛休養中であり、...

マンゴスチン

フルーツの王様ときたら次は女王様の登場、マンゴスチン!(*゚∀゚)
ライチのような味なんですが、ライチよりもっとジューシーでフルーティです(๑´ڡ`๑)
マンゴスチン嫌いという人は聞いたことありません。
間違いない味です。

マンゴスチンもタイやフィリピンといった近隣の東南アジア諸国でも栽培されています。
が!!
マレーシアには独自のマンゴスチン品種があるのです。
なんとこれが普通のマンゴスチンよりも美味と言われています。
ただでさえ甘くて美味しいマンゴスチンなのに、
それを上回る品種がマレーシアには存在するのです。

マンゴスチンは簡単に皮を剥くことができるので旅行中でも外でも手軽に食べられます(*゚∀゚)

とっても甘くてジューシーなマンゴスチンは多くの人を魅了するのですが、残念ながら日本への生果実持ち込みはNGです。
しかし時期によってはマレーシア産ではなくタイ産のものではありますが、マンゴスチンを購入することができます!
日本でマンゴスチンを手に入れたいという方はこちらの記事をどうぞ(・∀・)

マンゴスチンのシーズンはドリアンとほぼ同時期です。

ドゥク、ランサー

ドゥク、ランサーはマレーシアやインドネシアで広く栽培されているフルーツです。
外見はじゃがいものような色をしています。
味の系統的にはマンゴスチンやライチに近いですね。
けどマンゴスチンよりもすっきりしていて皮も薄く、食べやすいです。

ドゥク、ランサー、ドゥクランサーという3つの熱帯フルーツの違いと栽培・栄養・食べ方を紹介!
ドゥク、ランサー、ドゥクランサーという3つの熱帯フルーツの違いと栽培・栄養・食べ方を紹介!
東南アジアの市場でよく見かけるあの丸くて黄土色のような皮のフルーツ。 そう、これは.... ドゥクか ランサーか ...

このドゥク、ランサーもドリアンやマンゴスチンと同時期が旬の時期です。

ランブータン


ランブータンもライチ系の味のフルーツです。
ライチよりもランブータンの方がすっきりした味わいがあり、個人的には好きです。
食べ方など、詳しくはこちらの記事で解説しています(・∀・)
旬の時期はランブータンもドリアンやマンゴスチンとほぼ同時期となります。

ここで食べ方ポイントをお話すると、
旬が重なったフルーツは交互に食べると良いです。

マレーシアの中華系の人々の間では、ドリアンとマンゴスチンを交互に食べると良いと言われています。
というのも、熱帯フルーツにも陰と陽があるからです。
ドリアンは食べると体、特に喉を熱くする陽のフルーツです。
その一方、陰のフルーツであるマンゴスチン、ドゥク、ランサー、ランブータンは熱くなった体を冷ましてくれる陰のフルーツと考えられています。

なので、ドリアン→マンゴスチン→ドリアン→ランサー、、、など、陰と陽を交互に食べるのが良いとされています(・∀・)

屋台でドリアンを食べるならココナッツジュースも脇にスタンバイさせておくと良いですね!

サワーソップ

サワーソップは私の1番お気に入りのマレーシアフルーツです(*´▽`*)
フワフワな食感とヨーグルトのような甘さが特徴です(๑´ڡ`๑)
サワーソップの魅力はここでは語りきれないので
気になる方はぜひこちらの記事をどうぞ。

最近は1年中栽培されているので、あまりシーズンはありませんが、
どちらかというと、ドリアンの出回らない時期に売られていることが多いですかね。

ジャックフルーツ

デカさと匂いが特徴的なジャックフルーツ。
これもドリアンと同じく好き嫌いの別れるフルーツです。
私は最初全くジャックフルーツが好きではありませんでしたが、
今年になって何故かやみつきになりました。
ジャックフルーツも品種があるのですが、ハニージャックフルーツがおすすめです。
より甘くて食べやすくなっています。

サラック

別名、スネークフルーツと呼ばれるサラック。
ヘビのウロコのような皮がその名前の由来となっています。
生産量が多いのはインドネシアですが、マレーシアやタイでも栽培されています。
カリカリ、コリコリとした食感が特徴です。
モノによってはジューシーであったりすることも。
当たり外れが大きいフルーツですが、食べだすと止まりません。
けど食べ過ぎるとお腹がゆるくなるので注意です←経験談

「サラック」という熱帯フルーツの味・栽培・栄養価・食べ方紹介
「サラック」という熱帯フルーツの味・栽培・栄養価・食べ方紹介
別名「スネークフルーツ」と呼ばれるサラック。実はとっても手軽に食べられるフルーツなんです。女性に嬉しい栄養素もたっぷりなサラックについて解説します(*・ω・)ノ

サラックも年中売られているフルーツです。
わりと硬め食感ですが、時々来るほのかなライチ系の甘さがなんとも言えないツンデレ感w
ハマること間違いなしですw

まとめ

まだ食べたことのないフルーツはありましたか?
日本には日本でしか手に入らない美味しいフルーツがあります。
しかしマレーシアにもマレーシアでしか手に入らない美味しい熱帯フルーツがたくさんあります。

マレーシア滞在中にぜひマレーシア産の美味フルーツを食べてみてくださいね(・∀・)

おすすめ関連記事↓
熱帯フルーツの案内マップ