期間限定!マンゴスチンを日本で購入する方法

マンゴスチン…
思い出すだけでもヨダレが出てきそうな
純白ジューシーなトロピカルフルーツ(๑>◡<๑)
旅先で食べたあのマンゴスチンの味が忘れられないという方も多いのでは?

マレーシアのマンゴスチン生果実は基本的に日本への持ち込みは禁止されています。
ちなみに生果実はNGですが、加工品であればお土産に持って帰るのはOKです。
マレーシアで購入できるマンゴスチンの加工品については記事の最後に紹介しますが、
でもでもやっぱり生果実
日本にいても食べたくなりますよね!?(((o(*゚▽゚*)o)))♡

昔はスーパーや八百屋で売られたりしたこともあるようですが、
毎年というわけでもなく、スポット商品のようなんですよね。

今回は私のこれまでの経験から
日本でマンゴスチンを購入する方法をお伝えします。

タイ・フェスティバルで購入する

はい、マンゴスチンはタイ・フェスティバルで売られています。
タイ・フェスティバルは代々木公園や名古屋、大阪などで毎年4,5月頃に開催されるイベントです。
最近は8月に静岡でも開催されているようです。
マレーシアのマンゴスチンの生果実は持ち込み禁止と言いましたが、タイの一部地域で生産されたマンゴスチンの生果実は輸入OKなんです。

私は名古屋のタイフェスでマンゴスチンを発見し即買い(๑>◡<๑)

ついでにドリアン・マンゴーもゲットです( *`ω´)

私は母親とこの名古屋のタイ・フェスティバルに行ったのですが、
母親はマンゴスチンもドリアンも初体験(๑>◡<๑)
マンゴスチンはやはり美味しいと言ってもらえたんですが、ドリアンまでも気に入ってくれました♪
「想像してたほど臭くない」とのこと。
どんだけひどい臭い想像してたんだw

タイ・フェスティバルは毎回土日に開催されますが、
マンゴスチンを購入するなら土曜の午前〜お昼の時間に行きましょう!
私が購入した時も人気で(ドリアンはそうでもないけどw)マンゴスチンはすぐになくなってしまいました。

代々木公園のタイフェスにも参加したことがあるのですが、探しても見つからなかったんですよね。
日曜だったのですでに売り切れていたのかもしれません。

毎年必ずあるという保証はできませんが、覗いてみる価値ありです。

タイ・フェルティバルサイト

季節のフルーツ定期便を購入する

2つ目は季節のフルーツ定期便
なんと4月にマンゴスチンが送られてきます!

毎月季節のフルーツが変わりがわり配送されるので、完熟マンゴーやびわといった希少なフルーツも楽しめちゃいます。
私は4月が楽しみでなりません(*´﹃`*)w
マレーシア行って現地で食べることはできるんですが、
母親もおばあちゃんも連れていくことはできないんでね(´・ω・`)

まとめ

自分が美味しいと感じるものってやっぱり誰かと共有したいよね!
東南アジアで食べたあのジューシーなマンゴスチンを
家族や友人と共有してみてはいかがでしょうか(^_^*)

<おすすめ関連記事>
マレーシア土産として日本に持ち込めるマンゴスチン加工品