Dim Sum Restaurantの注文の仕方とおすすめ点心スイーツ3選

Dim Sumってご存知ですか?
日本語だと点心飲茶(ヤムチャ)と呼ばれることもあります。
小さいシュウマイが2,3個、せいろに乗っているあれです。
飲茶といえばシュウマイやミスドのドーナツと一緒に食べる飲茶のイメージですが、実際に中華圏で食べる飲茶はとっても種類が豊富!
先日、KLのとなりのPetaling Jayaで点心のレストランに行ってきたので、レストランでの注文の仕方とおすすめの点心スイーツ3つを紹介します!

スポンサーリンク
広告レクタングル大

注文の仕方

紙に記入して店員さんに渡す

基本的にはこれですね。中華圏ではおなじみの注文方法です。

メニューから食べたいものを選び、メニューにチェックポックスがついた紙に数量を記入して店員さんに渡す方法。

自分で棚に取りに行く


店内の棚から好きな点心を選んで取っていくこともできます。

売り歩いている店員さんからもらう

店員さんがテーブルを回って売り歩いていることがあるのでそこから取っていくこともできます。

店員さんに小さく切ってもらう

点心は1皿に2〜4つ料理がのっていることが多いので、人数分より少ない、小分けにしてほしいときは店員さんにお願いすると小さくハサミで切ってくれます。
たくさんの種類をちょっとずつ食べたいという人は頼んでみましょう(^o^)

Dim Sum Restaurantで食べておきたい点心スイーツ3選

流沙包(LiuSha bao : Golden Bun)

パッと見はまるっとしたおいしそうな蒸しパン。
中にはトロっとした甘いクリームが入っています(・∀・)
練乳が混ざっているのかな?めちゃめちゃ甘いです!
アツアツの状態で出されるので少しずつ食べましょう(*´ω`*)

芝麻棗(Zhima zao : Deep fried sesame balls)


日本でもおなじみのごま団子ですが、中華圏で食べるごま団子は一段と美味しいですよ(*´ω`*)
マレーシアでは中の具が必ずしも小豆餡ではなく、カヤの餡だったりすることもあります。
この写真のやつはカヤ餡です。
カヤとは卵とココナッツミルクと砂糖から作られていて、パンダンリーフで香りづけされているもので、ジャムやペーストの形でマレーシアやシンガポールではよく食べられています。

窝蛋焗蛋挞(Wō dàn jú dàntà : Golden egg tart)


みんな大好きエッグタルト(*´ω`*)
甘さもほどよくパイ生地がさくさくしています♪
エッグタルトが作られているところ↓

急須みたいな入れ物からカスタードクリームを注ぐんですね(*´ω`*)チャイニーズらしい。

まとめ

点心は日本で言うところの回転寿司みたいですね(^_^)
ちょっとずついろんな種類の料理をつまむ感じ。
大勢で行けばたくさんの種類をみんなでシェアして楽しむことができます。
ぜひ家族やお友達を誘って行ってみてください(*´ω`*)

今回行ったお店↓
Restoran Jin Xuan Hong Kong (Damansara Jaya) Sdn Bhd 锦选香港特级点心
http://www.jinxuan.com.my/

スポンサーリンク
広告レクタングル大