[マレーシア]うまうま!農家めしPart1

Natural Tropical Farmでのファームステイ再開です!
せっかくのファームステイなのでこの農場のシンプルでスパイシーな農家めしを紹介していきたいと思います(๑>◡<๑) ちなみにここの農場は日中、ジェネレーターを作動させないので電気がありません。冷蔵庫もありません。 ここで働いてる子たちはその中でできるものを毎日自分たちで料理しています。えらいですね(๑>◡<๑) 外から買ってくるものももちろんありますが、近くの売店は品揃えが多くなくてスーパーも遠いので 節約しながら農場にあるものを使って毎日食べています。

スポンサーリンク

卵焼きとパパイヤゴレン

うちの農場には鶏がいるので卵焼きを作ることが多いです(๑˃̵ᴗ˂̵)
パパイヤも結構いっぱいあるのでシュレッダーで細切りにして炒めます。

パパイヤサラダってあの生で食べるタイの料理をイメージすると思うんですけど、炒めても美味しいんですよ(๑˃̵ᴗ˂̵)
チリとガーリックと卵と乾燥させた魚と一緒に炒めると甘くてスパイシーないいおかずになります!


スポンサーリンク

青菜とキノコのココナッツミルクスープとイカンゴレン

これはうちの農場で働いている子のおばさんちでいただいた農家めし(๑˃̵ᴗ˂̵)

左側の茶色い物体、これがイカンゴレンですね。魚のフライです。
インドネシアの方々はとにかく何でも揚げるのが好きですね。
ゴレン = 揚げる という意味です。ナシゴレン的なね。ゴレン三昧です。

魚も野菜もチリがいっぱい入っててとにかく辛いんですけどココナッツミルクスープがいい感じに辛さを和らげてくれます。Sedap(マレー語でおいしい)です。

ウビリーフとドライフィッシュの卵まぜご飯

ウビリーフは茹で、ドライフィッシュはこれまた揚げてあります。

ウビリーフとはキャッサバの葉のこと。
キャッサバはあれです。タピオカの原料になるやつ。

ウビリーフは歯ごたえあってほうれん草みたいです。
みそ汁にしたら美味しいだろうなー(๑>◡<๑) ココナッツミルクのスープにして食べることもあります。 ウビリーフは味付けしていなかったので 醤油かけたいなと思ったら卵もかけたくなって、 いっそ卵かけご飯にして混ぜちゃえと思った結果、綺麗な写真にはなりませんでしたorz でも実はドライフィッシュが結構塩気が強いので醤油すら要らなかったっていう…(^^;)

スパイシーフィッシュパスタwithライス

彼らにしては珍しく、どこからかパスタを調達してきた模様(๑>◡<๑) 普段はお米、時々マギー(インスタント麺)って感じなんだけどw
お米や麦系は育ててないので基本外から調達してます。
パスタの量は多くないのでパスタをおかずにご飯を食べます。炭水化物多め(`・ω・´)

このパスタ、味付けはいつも通りチリとガーリック。 オリーブオイルとかあればもっとバリエーション広がりそう(๑>◡<๑)

まとめ

時々私も料理しますがやっぱり具材が限られていると料理のバリエーションが限定されてマンネリ化しますね(T_T)
でも彼らが作る料理はスパイスが効いてるからなのか、腕がいいからなのか、全然毎日同じ味でもそんなに飽きてこないんですよね。
(油っこいものばかりだと結構つらいけど…(^_^;))
スーパーも遠くて調味料も限られているのでここにあるもので何かいつもと違う日本らしい料理作れないかなと模索する毎日ですが、先月は農場で採れたスイートポテトをつかってみたらしソースのいももちを作ったら大好評でした(*´ω`*)

みたらしはしょうゆと砂糖とコーンスターチがあれば簡単にできるので日本っぽいものを作るときはよく使う手ですね(・∀・)