サポジラ(チク)の味と栄養効果

いつか食べよう、
いつか機会があったら食べよう、

・・・と
いつも後回しにしてきた熱帯フルーツ(^^;)
今回はサポジラ(Sapodilla)の紹介です。

マレーシアでは別名チクと呼ばれています。
日本だと沖縄で栽培されているようです。

マレーシアでも普通に流通しているのですが、
スーパーで売られているチクは何となく食べる気になれず…
今回ありがたいことにインドネシアに行った時、
いただく機会があったので、食べてみました(*゚▽゚*)

今回はそんなサポジラの栄養効果・味・食べ方について調べてみました(゚∀゚)

スポンサーリンク
広告レクタングル大

サポジラとは

サポジラ(Sapodilla)は
和名でチューインガムノキ、
マレー語でチク(Ciku)
中国語で人心果(Ren Xin Guo)
インドネシア語ではサウォ(Sawo)
と言います。

樹皮からは白い粘り気のある樹液が取れ、それがチューインガムの原料となっています。

サポジラ(学名:Manilkara zapota, 英:Sapodilla)は、熱帯域に分布する常緑高木。

メキシコ原産であり、スペインによる植民地化に伴いフィリピンに移入され東南アジアに広まり、日本では沖縄でも見ることがある[1][2]。和名はチューインガムノキ。メキシコガキともいう。

引用元: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%A9

カニステルと同じくツツジ目アカテツ科の植物です。
カニステルって何?という方はこちらの記事をどうぞ(๑˃̵ᴗ˂̵)

カニステルを追熟すること2週間...やっと熟れてきたので食べてみたよ
カニステルを追熟すること2週間...やっと熟れてきたので食べてみたよ
先月ミラクルフルーツを見つけた台湾高雄の有機ファーマーズマーケット、微風市集でミラクルフルーツの生産者さんから一緒にとある熱帯フルーツを購入...

このサポジラ、見てもらうとわかるんですけど、
外見からはフルーツらしさが全くないと言っても過言ではないほど
フルーツ感0(ゼロ)!!

野菜売り場に置いてあったら間違いなくじゃがいもと勘違いして買っちゃう感じの見た目ですね(;・∇・)
果皮の薄さや手触りまでじゃがいもそっくりです。

サポジラの味

サポジラは大抵未熟な状態で売られているので、買ってからも1週間くらい待って追熟させた方が良いと言われています。
未熟なサポジラは苦くて渋いらしいですからねー、
そういうとこもカニステルに似ていますなぁ。
今回私は熟して食べ頃のサポジラをいただいたので
待たずに済みました(*゚▽゚*)ありがたや。

このように果肉にみずみずしい透明感が出てきたら熟した証拠=食べ頃です(๑˃̵ᴗ˂̵)

実際に熟したサポジラを食べてみると、かなり甘いです。
一口食べた瞬間、サトウキビのような甘さを感じました。
でもサトウキビじゃなくて全く別の何かにも似た味だなーと
過去の記憶を遡って考えてみると、の味に近いのかな、と。
けど柿よりも柔らかく、ジューシーです。
個人的には柿よりこのサポジラの方が好きですわ(๑˃̵ᴗ˂̵)

サポジラの栄養効果

サポジラの栄養効果はこんな感じです↓

  • 食物繊維が豊富。消化を手助けする
  • タンニンが豊富。
    抗酸化、抗炎症、抗ウイルス、抗菌、抗寄生虫作用あり
  • ビタミンA、ビタミンCが豊富
  • 葉酸、ナイアシン、パントテン酸などのカリウム、銅、鉄、
    ビタミンなどのミネラルが豊富
  • つわりを抑える(妊娠中も食べられる)
  • コラーゲン生成を助ける
  • 種から抽出されたジュースに抗うつ作用、内臓結石除去作用あり

サポジラの副作用はほとんどありませんが、
過剰摂取すると消化器官に問題を起こすことがあります。
また、サポジラに含まれているタンニンは渋いので、生で食すと口の周りが痒くなったり、喉が痛くなったりすることがあるので注意です。

食べ頃サポジラ( ^ω^ )↓

まとめ

サポジラは熱帯なら年中出回っていて手に入りやすいフルーツです。
機会があればぜひお試しを(๑˃̵ᴗ˂̵)

参考
https://en.wikipedia.org/wiki/Manilkara_zapota
http://www.foodofy.com/sapodilla.html
https://www.healthbeckon.com/sapodilla-chikoo-benefits/

スポンサーリンク
広告レクタングル大