キワノ(ツノニガウリ)という高級フルーツ(?)の食べ方を紹介!

ご無沙汰の更新になってしまいました(*´Д`*)
実は先週、深圳と香港に行ってたんですわ。
それがまたとっても濃密な旅でして・・・w
特に深圳にはいろんな刺激と衝撃を受けました(๑˃̵ᴗ˂̵)
そして何やら奇妙なフルーツを発見!

ぱっと見、海から出てきた深海生物のようですがウニじゃありません。
マリモでもドリアンでもないですよw
これはキワノというフルーツです。

今回はこのオレンジのトゲトゲフルーツ、キワノについて紹介していきますよ!(๑˃̵ᴗ˂̵)

スポンサーリンク
広告レクタングル大

キワノとは

キュキュミス・メトゥリフェルス(Cucumis metuliferus)、別名ツノメロン、キワノ、アフリカツノキュウリまたはメロン、ゼリーメロン、ツノニガウリ、メラノは、メロン科キュウリ属の一年生のつる植物である。その果実には角(ツノ)のような棘(トゲ)があるため”horned melon”という名前となっている。熟した果実はオレンジ色の果皮とライムグリーンでゼリー状のフレッシュなフルーツの味の果肉、そしてその食感はパッションフルーツもしくはザクロにも似ている。C. metuliferusは、サブサハラ・アフリカが原産地である。現在、米国、ポルトガル、イタリア、ドイツ、チリ、オーストラリア、ニュージーランドで栽培されている。

引用元: https://en.m.wikipedia.org/wiki/Cucumis_metuliferus

原産地はアフリカなんですね(*・ω・)ノ
中国でキワノは火参果(Huǒ cān guǒ)と呼ばれていて、私が買ったのは江西省九江市産のものでした。

日本でも苗が売られていたりして割と四季のある国でも育つように品種改良されているようです。
発芽温度は20〜35℃。15℃以上の春になったら移植しましょう。
種がAmazonでも売られているようなので、気になる方はぜひw

キワノのお値段

日本語のサイトではキワノはよく高級と言われているのですが…
私が買ったキワノはCNY19.8(約323円)でした。
これが高級らしいっすよ、奥さん( ̄∇ ̄)笑

キワノの食べ方

このトゲトゲと綺麗なオレンジ色に惹かれて買ったはいいものの、食べ方がわからない( ̄∇ ̄)
パッケージを開けてみるとなにやら説明書発見。

めっちゃ子どもらちゅーちゅーしてるぅううう!!(((o(*゚▽゚*)o)))笑
確かにこうして見るとちょっとリッチかもwww
けど説明書下の部分が破れてるwww

果物を縦にし、頭の部分を水平に切って中にストロー刺してちゅーちゅーするようです(๑˃̵ᴗ˂̵)
ストローはなかったのでホテルにあった紙コップへ果皮をぐりぐりもみもみほぐして果肉を押し出しましたw果皮がぷにぷにしててこれが結構気持ちいいwww
ちなみに果肉はこんな感じ。

お好みで付属のハチミツをかけても良さげですね。

キワノは一般的にそのまま食べたりサラダに使われたりするようです。
熟している最中ならいつでも食べられますが、熟しすぎると種を拡散するために爆発するとのこと。
種の繁栄のために爆発までしちゃうなんてね(๑˃̵ᴗ˂̵)
当たったら地味に痛そうですがw

キワノの味

キワノは例えるなら味も種の感じもパッションフルーツに似ています。
けど味はパッションフルーツより淡白ですね。
食感はブドウのようにぷにぷに。
種はちょっと硬いので吐き出してもいいですし、小さいので食べても大丈夫です。

キワノの栄養価

キワノにはα-トコフェロールという抗酸化物質が豊富に含まれ、ガンや心臓病の予防、認知機能の改善、眼病予防、減量にも効果があるとされています(*・ω・)ノ

まとめ

ひさびさに可愛らしいエキゾチックなフルーツと出逢うことができました(´∀`*)
皆さんも見かけたらぜひこの食感&触感を楽しんでみてください(๑˃̵ᴗ˂̵)

参考
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Cucumis_metuliferus
https://www.stylecraze.com/articles/health-benefits-of-kiwanohorned-melon/

スポンサーリンク
広告レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告レクタングル大