マレーシアの魚×ドリアン = Ikan Patin Tempoyak(イカンパティンテンポヤック)

こんにちは。Chihiroです(*・ω・)ノ

今年も今日で終わりですねヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
昨日は最後の1日(つまり今日)は何を食べてシメようかと思いを巡らせていたのですが、
1つだけ、これだけは今年中に食べておかねば!というものが頭に浮かびました。

そう、それはTempoyak(テンポヤック)

テンポヤックとは、
発酵させたドリアンです。

もっかい言います。ドリアンを発酵させたものです。
たぶん、ドリアン嫌いな人は聞いただけでも鳥肌が立つレベルじゃないかと。
ドリアン好きな私でも少し悪寒がします(苦笑

スポンサーリンク

Tempoyak(テンポヤック)とは

テンポヤックとは、発酵させたドリアンから作られたマレー系の調味料です(*・ω・)ノ

作り方はとっても簡単!(๑˃̵ᴗ˂̵)
ドリアンの果肉を少し塩で混ぜて室温で3〜5日ほど置いたらできあがり!
簡単ですねぇ♪
けど全く作る気が起きないのはどういうことでしょうかねw

テンポヤックはそのままでも食べられますし、チリやサンバルと一緒に調味料としても使われています。
マレーシアでもパハン(Pahang)やぺラック(Perak)で有名なようです(*・ω・)ノ


スポンサーリンク

テンポヤックは優秀な発酵食品

テンポヤックは発酵させているだけあって、腸に優しく、
乳酸菌も豊富です。
生きたまま腸まで届くカゼイ菌や、ピーナッツアレルギーに効果があるとされているラムノサス菌という乳酸菌が含まれています。

でも、刺激の強いドリアンを発酵させたらさらに強さが増して食べられなさそうですけどね。意外と健康的なんですね(汗

テンポヤックの食べ方

今年、クランタンに行った時に初めてテンポヤックをいただいたんですが、
もうその時の衝撃と言ったら・・・((((;゚Д゚)))))))

テンポヤックをサンバルと共に。
サンバルがめちゃめちゃ辛いのと、
ドリアンの刺激もめちゃめちゃ強いので、
一口食べただけで火吹けるんじゃないかとw
手のひらの半分くらいのサイズだったのに一口でもういいや、と思うくらいです。
個人的にはドリアンは新鮮の生のまま、もしくは冷凍のクリーム系スイーツにした方がおいしいと思います(・ω・`)
このテンポヤックは間違いなく今年1年で1番衝撃を受けた食べ物ですw

けど私は結局サンバル添えしか食べていないので、
もしかしたら調味料として使われてるテンポヤックなら実はもっと美味しいのでは・・・?
ということで、このテンポヤックを今年のシメにしようと、クアラルンプールでもこのテンポヤックが食べられるお店を探して行ってきましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

House of Patin Lipis di KL

KLCCの裏あたりにあるIkan Patinのお店、House of Patin(ハウスオブパティン)

Patinは日本語でいうナマズ。
ナマズ料理をメインに扱っているようです。カンポンチキンもあります。

オーダーしたのは目的のGulai Ikan Patin Tempoyak(グライ・イカン・パティン・テンポヤック)
Gulaiは「カレー」という意味です。
セットメニューはないらしく、白ご飯も一緒にオーダー。

一見普通のカレーソースに見えますが、、、

ドリアンの刺激がじわじわ来ますw
日本人のカレーのイメージで食べたら衝撃を受けること間違いなしですw
ココナッツやその他スパイスのおかげか、ドリアンの香りはさほどしません。
知らなければドリアンが使われてるってわからないかもしれないですね。
なぜか刺激の強いスープという感じです。

けど1口食べて、なんとなく気づきました。
なぜテンポヤックが魚料理、特に川魚に使われるのか。

推測ですが、おそらく川魚の泥臭さを打ち消すために刺激の強い調味料で味付けしているのではないかと。

気にしなければ食べられますし、お腹を壊すこともそんなにないと思いますが、マレーシアの川魚は日本に比べて泥臭いです(・ω・`)
身はプリプリしてて美味しいんですけどね。

けどナマズがいなくてもテンポヤックのスープだけでご飯食べれるかなとw
テンポヤックのスープは前に食べたサンバル添えよりも食べやすくて美味しかったです(๑˃̵ᴗ˂̵)

House of Patin Lipis di KL
No 5 , Jalan Liew Weng Chee, Off, Jalan Yap Kwan Seng, Kampung Baru, 50450 Kuala Lumpur, Federal Territory of Kuala Lumpur, Malaysia
https://goo.gl/maps/F51b2u9iZUy

まとめ

いやぁ、マレーシアには日本にも負けず劣らずな発酵食がいっぱいですねw(๑˃̵ᴗ˂̵)
魚が好きな方は来年ぜひテンポヤック味に挑戦してみてはいかがでしょうか♪

2019年4月27日(土)農場ツアー[Happy Egg Hunting]参加者受付中です★

—————————-
農場ツアー「Happy Egg Hunting」in マレーシア
2019年4月27日(土)の参加者受付中です♪

2019年4月27日(土)催行の案内はこちらから。
参加申込はこちら

—————————-

スポンサーリンク

シェアする

フォローする