マレーシアの九份!イポー(Ipoh)観光でノスタルジックな街歩き

先日日本からはるばる大学時代の友人がマレーシアまで遊びに来てくれました(*゚▽゚*)

はるばると言いましたが私も彼女も日本とマレーシアが「はるばる」というほど遠いとは思っていなくてw
彼女はよく遊びに来てくれるんですが一昨年も来てくれたので実質今回が2回目です(๑>◡<๑)

そんな彼女と2人、マレーシアのイポー(Ipoh)へ行ってきました!
クアラルンプールから日帰り旅。
今回はKLから日帰りで楽しめるイポーのおすすめ観光スポットと美味しいグルメを紹介します(о´∀`о)

スポンサーリンク

KL⇆イポーの交通手段

クアラルンプールからイポーまで行くなら以下の移動手段が考えられます。

  • 電車
  • バス

私たちは今回電車で行きました。
電車の移動時間が2時間20分、車で2時間半、バスだと約3時間かかります。

電車(KTM インターシティ(Intercity : ETS))

電車で行く場合、KTMインターシティ( Intercity)、別名ETSという路線を使います。
バス同様、電車も事前にbusonlineticket.comで予約できますよ♪
詳しい予約方法はこちらの記事に記載しています(*・ω・)ノ

マレーシア長距離バス・電車のオンライン予約方法と乗り方を解説します
マレーシア長距離バス・電車のオンライン予約方法と乗り方を解説します
最近バスをよく使うようになったんですが、 意外とマレーシアのバスって(酔わなければ)快適ですわw(((o(*゚▽゚*)o))) 今回...

オンラインで事前予約した場合は、印刷もしくは窓口で紙チケットを発券する必要があります。
KTMインターシティの窓口およびチケット売り場はNUセントラル方面から向かってKLセントラル駅のホールを突っ切り、まっすぐ向かいにあるエスカレータで2階に上がります。
そして上がった先の右側にKTMインターシティの窓口があります。
左側はチケットを購入した後の待合所となっています。
KTMコミューター(Komuter)の窓口ではIntercityのチケットを購入できないのでご注意を。

カウンターでチケット購入の旨を伝えると整理券を発行してもらえます。
自分の番号が呼ばれたら窓口でチケットを購入しましょう。

9時発の電車のチケットを購入。片道RM46です。
帰りはイポーに着いてからイポーの駅のチケット売り場でKLセントラルまでのチケットを購入しました。
帰りは片道RM37となぜか行きより割安w
どうやら電車の種類が違うようです。
何が違うのかがよくわかりませんがw( ̄▽ ̄;)
どちらもあまり本数が多くないので、事前に購入し時間を確認しておくのがベターですよ(*・ω・)ノ
時刻表はこのページに掲載されています。
https://intranet.ktmb.com.my/ktmb_ui/portal/full/260

KLセントラル駅でチケットの準備ができたら、エスカレータを挟んでチケット窓口とは反対側の待合所で待機し、時間になると係員が電車の車体番号を書いた紙を掲げるので、それについて行きます。
同じように電車に乗る人がゾロゾロと集団で移動するので、わかると思います。
プラットフォームはKTMコミューターの改札を通っていきます。


スポンサーリンク

イポーのおすすめ観光スポット

霊仙岩(Ling Sen tong)/南天洞(Nam thean tong)洞窟寺院

イポーの駅から車で10-15分ほど移動すると、イポーの大きい洞窟寺院があります。
公共バスもありますが本数が少なかったので、GRABで移動しました。
イポーの駅周辺からGRABで約RM7-11です。

愛くるしい動物や神様たちがあなたを待っていますよ(๑˃̵ᴗ˂̵)

Ling Sen Tong Temple
31350 Ipoh, Perak, Malaysia
https://maps.google.com?q=Ling%20Sen%20Tong%20Temple,%2031350%20Ipoh,%20Perak,%20Malaysia&ftid=0x31caf15555555555:0xd719f51b5562027e&hl=en-JP&gl=jp

南天洞は霊仙洞の隣にあります。
中に入ってみると、階段があって洞窟の上の方まで登ることができます。バトゥ洞窟よりもハードな階段。登りより下りの方が恐怖:(;゙゚’ω゚’):

壁画アート

ペナンやマラッカと同じように、イポーの街でも至る所に壁画アートが見つけられます。
下の写真は元祖Old Town White Coffeeの建物横の壁画アート。
おっちゃん渋いっすね( ´∀`)飲んでいるのはきっとど甘いホワイトコーヒーかなw

その他の壁画アートの場所は下のサイトがとても参考になります!
サイト内に埋め込まれているGoogle Map右上のカッコを選択すると、自分端末のGoogleマップにこの壁画アートポイントを表示させることができます。
ぜひ活用してみてください(*・ω・)ノ
http://www.kathmanduandbeyond.com/street-art-ipoh-malaysia/

怡保二奶巷(Concubine Lane)

壁画散策をしていたらなんととっても雰囲気の良い小さなストリートを発見!

提灯が飾られていてちょっとおしゃれでノスタルジックなこの二奶巷。
まるで台湾の九份
こんな雰囲気の良い通りがマレーシアにもあるなんて知りもしませんでした(๑˃̵ᴗ˂̵)

通りには雑貨屋さんなど可愛らしいお店が並んでいます。

くまさんがこっち見てる(๑˃̵ᴗ˂̵)

進んで行くとこんな建物も。歴史を感じますね。

この建物の向かいにはホームステイがあります。
気さくなおじいちゃんが出迎えてくれますよ( ´∀`)
1部屋RM100でWifiもあるとのこと。イポーでゆっくりしたいなら泊まりもありですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

Concubine Lane
27, Concubine Ln, 30000 Ipoh, Perak, Malaysia
+60 12-345 6789
https://goo.gl/maps/qzJi5wDfu9K2

イポーの名物グルメ

チキンライス

イポーといえばやっぱりチキンライス!
このチキン、とっても柔らかくてジューシー(๑˃̵ᴗ˂̵)
前に食べたナシ●マバーガーや日本のファミ●チキンとは違い、ちゃんと身もしっかりしていながら柔らかいです。
おそらくこのタレに秘密がありそう。
醤油ベースなんですが、若干の酸味があって、柑橘系のさっぱりというよりかはすっきりとした味わいがあります。

Restaurant Lou Wong Tauge Ayam Kuetiau
49, Jalan Yau Tet Shin, Taman Jubilee, 30000 Ipoh, Negeri Perak, Malaysia
+60 5-254 4199
https://goo.gl/maps/QpNLKLYfgau

もやし

実はイポーはもやしも美味い!

チキンライスのつけあわせに出てきます。

私は浜松出身なので、浜松餃子についてくるもやしのようなものをイメージしていたんですが、ここのもやしはチキンライスのチキンと同じくタレが美味い!!
チキンライスのタレと少し違って酸味があまりないような気はしますが、もやしとベストマッチしています。あと、香辛料のいい香りがします。

ホワイトコーヒー

マレーシアやシンガポールでもよく聞くホワイトコーヒーって実はイポー発祥の飲み物なんですね。
加糖練乳を加えたコーヒーのことです。

マレーシアの飲み物の違いについてはこちらの記事をどうぞ(*・ω・)ノ

マレーシアで有名なチェーン店、Old Town White Coffeeの元祖がこのイポーの地にあります。
普段はホワイトコーヒー全く飲まないんですけど、せっかくイポーに来たので休憩がてら一杯。

甘ッ( ̄▽ ̄)
ここはWifiが高速!
トイレも綺麗なのでゆったりくつろぐのにもおすすめです。

Ipoh Old Town White Coffee
No. 3, Jalan Tun Sambanthan, 31650 Ipoh, Negeri Perak, Malaysia
+60 16-526 6832
https://goo.gl/maps/pXTUC3a3gQo

ポメロ

イポーではポメロも名産です。
ポメロはグレープフルーツよりも大きくて、グレープフルーツほど苦くない熱帯フルーツの1つです。
街角でもポメロが売られているのをよく見かけます。

南天洞の入り口の売店でポメロパフュームを購入。RM12です。
虫除けも売っていていい感じです。

まとめ

イポーにはまだまだ他にもお城や歴史博物館など、私は行けなかったけれども面白そうな観光スポットや美味しいものがまだまだたくさんあります。
また近いうちに来れたらいいな(๑˃̵ᴗ˂̵)