ドリアンの食べ比べ!DurianBB Park@Imbi

前回の記事でも書きましたが、
ドリアンは一度にたくさん食べられないので、大人数でない限り、
いろんな品種を食べ比べしたいと思ってもなかなかできません。

が、しかし、ついに見つけてしまいました…
いろんな種類のドリアンを食べ比べできるお店。
その名も DurianBB Park

スポンサーリンク
広告レクタングル大

DurianBB Parkとは

マレーシアの生のドリアンおよびドリアン加工品を購入できるお店です。
ドリアンのマスコットキャラがまた可愛い(*´∀`*)
屋根が南国らしくていい感じです。

イートインはもちろん、ドリアンの持ち帰りも扱っています。
生のドリアンなんかは2重包装するので飛行機にも持ち込めるとのことです。
2重包装してもあの香りは封じ込めきれないとは思いますがw

場所はこちらです↓

MRTのTun Razak Exchange駅から徒歩5分です。インビやブキッビンタンにも近いですよ!

お土産

ドリアン菓子

ドリアンチョコレートやドリアンエッグロール、ドリアンドドルなど、お土産用お菓子がいっぱい(*´∀`*)
さくさくのドリアンエッグロールがおすすめです。

ドリアンミルクティー/ドリアンコーヒー

インスタントのドリアンミルクティーとドリアンコーヒーも販売されています。
試飲させてもらいましたが個人的にはドリアンコーヒーがおすすめです。
ドリアンミルクティーの方がドリアンのあの強い刺激臭が引き立ってしまっていて、飲んでも落ち着いた気分に浸れるミルクティーではないような気がしました。
ドリアンコーヒーの方がコーヒーの苦味がドリアンの強さを抑制していていい塩梅です(*´∀`*)

ドリアンアイスクリーム

ドリアンアイスバーとドリアンピュレが冷凍で売られています。
アイスバーがRM10(約275円)、ドリアンピュレがRM15(約413円)です。

メニュー

ドリアン

ドリアンの生果実を食べることができます。
扱っているドリアン品種は時期やタイミングによって異なります。

マンゴスチン

冷蔵庫内でマンゴスチンが待機しています。
1kgRM25(約689円)です。
スーパーや市場で買うよりお高めですね(ー_ー;)
持ち帰りできるとのことでしたが、多くのホテルではドリアンだけでなくマンゴスチンも持ち込み禁止のところが増えてきているのであまり持ち帰りはおすすめしません。
ドリアンのお供に食べるのが良いですね。

ココナッツジュース

マレーシア産の緑の外皮のココナッツがRM6(約165円)で売られています。
タイ産の甘いヤングココナッツも。RM8(約220円)です。

ドリアン5品種食べ比べワンプレート

お目当ての食べ比べワンプレート。
プレートによってドリアンの種類がすこしずつ異なっています。
私はこのプレートを選択。

左からRed Prawn(紅蝦/D175)、Red Flesh(赤肉/D101)、Golden Bun(金包/D13)、D24、Musang King(猫山王/D197)です。
別のプレートには特別来賓(?)と書かれたドリアンもありましたが、スタッフの話によると、ペナンのローカル品種のドリアンだそうです。
どれも1皿RM49(約1350円)です。
スタッフさんに聞いたところ、すべて今日開けたドリアンを冷蔵陳列しているとのことです。

ドリアン5種を食べ比べてみた

とりあえずD24→Red Flesh→Golden Bun→Red Prawn→Musang Kingの順番でいただきました。
この中で一番美味しいと感じたのはMusang KingではなくGolden Bun
D24は何回も食べているので知っている味。種から果肉がツルッと剥けて甘みのある味です。しかし刺激が強めです。
Red Fleshは初挑戦。小さいからなのか、味が薄いように感じられました。甘みもありますがほんの少し苦味もあります。これも刺激強めです。
Red Prawnも実は初挑戦。これも甘いんですが少し苦味があります。刺激強めです。
Musang Kingは安定の美味しさ(*´∀`*)クリーミーな食感と甘さがやはりダントツです。
Golden Bunは一番刺激臭が抑えられていて、かつD24やMusang Kingとは違う甘みがあって美味でした!

この5つ食べただけで喉が乾きます。
実際3種類食べたところで我慢できないくらいの喉の乾きを感じました。
ココナッツも注文しておいてよかったです(´・ω・`)
Golden Bun以外は刺激が強く、正直初めて食べる人にはあまりおすすめしません。
果たして開けてから時間が経ったものだからなのか、農薬のせいなのか…

ちなみに食べ終わった後、ひたすらココナッツの実を繰り抜いて食べていたら、
ドリアンの種の周りをうろうろ、ハエがやってきました。
とても興味深かったのは、そのハエがGolden Bunの種にしか留まらないところ。
Golden Bunだけでなくどのドリアンも食べきれなかった果肉が種にくっついて残っているにもかかわらず、です。
一度手で追い払ってもまたGolden Bunの種に戻ってきます。何回も。
絶対他の種には留まろうとしません。
ハエと意見が一致してちょっと嬉しくなりましたw
やっぱりあの刺激臭って農薬が原因なのかな(´・ω・`)

まとめ

一度に一気に1年分のドリアンを食べたような気分ですw
しばらくドリアンはいらないかな(^_^;)

スポンサーリンク
広告レクタングル大