プカンバルでインドネシアのドリアンを食べてきたよ

先日、1週間ほどインドネシアのスマトラ島はリアウ州のPekanbaru(プカンバル)に行ってきました(゚∀゚)
以前にもインドネシアには行ったことはあったのですが、今回は約5年ぶりの渡航。
エアアジアもインドネシアの各所に就航していて、かつ飛行時間も長くないので、
KLから気軽に行けるショートトリップ先としてインドネシアはとってもおすすめ!\(^o^)/
ということで今回からはインドネシアの記事も書いていきますよ(*´ω`*)

今マレーシアではドリアンのシーズンがピーク真っ只中!
経度も緯度もさほど変わらないスマトラ島でもきっとたくさんドリアンが見つかるはず!
とワクワクしながら向かったわけですが…

期待通りドリアン天国でした(*´∀`*)Hehehe

普段マレーシアでもたくさんはドリアン食べないのですが、
調子に乗って1日に3種類も食べてしまいました…(*´Д`)

今回は私が食べたドリアンの紹介と、インドネシアで有名なドリアンの品種を紹介していきますよ(^o^)

スポンサーリンク
広告レクタングル大

インドネシアでドリアン実食

今回私はプカンバル周辺の屋台ですらないドリアンを載せて売ってるトラックでドリアンを購入していただきました!
しかしなんと致命的なことに、食べたドリアンの品種がわからない….orz
品種は?と聞いても売ってる人も品種をわかってなさそうで、
現地を案内してくれたパートナーですら「Padang(パダン:スマトラ島西部)からきたドリアン」ということしか知らない…(T_T)
とりあえず私が食べたパダン産のドリアン3つを紹介します。

ドリアンその壱

1つ目はナイトマーケット周辺で売られていたドリアン。
もはやドリアンを地べたに直置きです。

果肉は白っぽい黄色で、甘みがありました。
後味として少し苦味を感じるドリアンでした。

ドリアンその弐

2つ目はパートナーの友人が卸売しているところでいただきました。
ここは地べた置きはしていませんでしたが、パッと見、いろんな品種がごちゃまぜです。

いただいたドリアンはこれ⇓

最初のドリアンよりもさらに白っぽい果肉。果実自体も大きめです。
あまり美味しそうに見えないなと思いつつ食べると案の定、あまり味がしない(薄い)ドリアン。
加工用にするからということで、ひと口食べて終了。

ドリアンその参

味の薄いドリアンの代わりに選んでいただいたドリアンがこれ⇓

果皮は茶色っぽく、トゲは小さめで果実自体も小さめ。
まるでマレーシアの猫山王ドリアンにも似ています。
小さい果実は甘みたっぷりだろうと期待大。
食べてみると、やはり甘くて濃厚な味わいでした(*´∀`*)
1番目のドリアンとも違い、苦味がまったくありません。食べた3つの中では一番好きな味でした。
これはドリアン初心者や甘めのドリアン好きにはたまらない味かも(*´∀`*)

まとめ

インドネシアにも美味しいドリアンはありました(*´∀`*)
タイやマレーシアに比べると品種管理がまだまだ進んでいないので、
そこらへんが整備されてくればタイやマレーシアのように有名なドリアンブランドも今後出てくるのではないかと思いました。
インドネシアは島が多く土地もたくさんあるので、一般に知られていない未開拓ドリアンがたくさんありそうです。
今後のドリアン発展に期待ですね(*´∀`*)

スポンサーリンク
広告レクタングル大