スターフルーツの栽培方法

こんにちは!Chihiroです(*・ω・)ノ

今回はスターフルーツの栽培方法を紹介します。

スポンサーリンク

スターフルーツとは

スターフルーツは熱帯および亜熱帯で栽培されているカタバミ科の常緑樹の植物です。
インドネシア、フィリピン、マレーシアに自生し、何百年にもわたって栽培されています。
別名、Foreign Peach, Carambola, Five Corners, Kamrakh, Kamrangaと呼ばれています。
横にスライスすると、星のような形となることから、スターフルーツと呼ばれています。


スポンサーリンク

スターフルーツの品種

スターフルーツの種類は小さくて酸っぱいものと、大きくて甘いものの大きく2種類に別れます。
甘い品種はフロリダの「アーキン(Arkin)」、台湾の「ダーポン(Dah Pon)」、タイの「マーフェン(Ma fueng)」、マレーシアの「マハ(Maha)」、そしてインドネシアの「デマ(Demak)」があります。

スターフルーツの栄養価

栄養メリット

カロリーが低く、食物繊維が豊富。
ビタミンA、やビタミンB、Cも豊富であり、2日酔いにも効果があります。

副作用

スターフルーツはカランボキシン(caramboxin)とシュウ酸を含み、腎臓の病気を持つ人は避けた方が良いでしょう。腎臓病の人が摂取すると、しゃっくりや吐き気、嘔吐、精神的混乱、そして、死に至ることもあります。

スターフルーツの特徴

光に繊細で、夕方になると、葉を畳み込む傾向があります。
理想的な条件であれば、7〜9mにまで成長します。
環境が良ければ1年に何回もピンクやラベンダー色の花を咲かせます。
いくつかの品種は自家受粉しますが、他家受粉のものも存在します。

スターフルーツの栽培条件

気候条件

少量の霜や、25度以上でも短時間であれば耐えられます。
洪水や暑さ、乾燥した風には弱く、十分な湿度と年間降水量1800mm以上を必要とします。
コンテナやポッドでも成長します。
寒い時期には温室に入れ、暖かくなってきたら外に出します。
全日光を好みますが、部分光にも耐えられます。

土壌条件

pH5.5-6.5程度の少し酸性で肥えたローム質土壌であれば早く成長します。
水はけの良い土壌を好みます。水やりのしすぎには注意しましょう。

スターフルーツの定植方法

株間8m、定植後はすぐに潅水しましょう。定着するまで頻繁に灌水が必要です。

スターフルーツの収穫

比較的、害虫も少なく、丈が45cmくらいになると花を咲かせ、その2か月後に結実します。
定植から約10〜14カ月で果実を収穫することができます。種からであれば4年かかります。
最初の2,3年での収量は年間約4.5〜18kgです。

農場ツアー[Happy Egg Hunting]参加者受付中です★

—————————-
農場ツアー「Happy Egg Hunting」in マレーシア
参加者受付中です♪

催行の案内はこちらから。
参加申込はこちら

—————————-

スポンサーリンク

シェアする

フォローする