スポンサーリンク

マレーシアで生卵が食べられない理由。安全とは何かを考える

こんにちは!日本でめちゃめちゃ恋しくなったサテーを食べて見事当たりました、Chihiroです_(┐「ε:)_

いやぁこの前サテー(Satay)を食べた時、ちょっとやばいかなぁとは思ったんですよねw
なら食べるなよって話なんですがw
あ、ちなみにサテーのお肉ではなく生野菜が原因です。
なぜ原因がわかるかというと、今までマレーシアで食べた生野菜、特にキュウリ、ニンジン、玉ねぎ系で頻繁に当たったことがあるからです。
痛みはないのでいいのですが、、、はは。
皆さんも気をつけてくださいねヽ(;▽;)

生といえば、よく海外の卵は生で食べない方がいいって言われてます。
なぜ海外の卵は生で食べない方がいいかご存知ですか?

答えは海外では卵を生で食べる習慣がないため、出荷前に殺菌消毒していないからです。
もちろんすべての卵で殺菌消毒していないと言うわけではありませんが。

じゃぁ殺菌消毒したら本当に安全なのでしょうか?
そもそもなぜ殺菌消毒が必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

「殺菌消毒=安全」は事実ではなく考え方の話

基本的に、卵は殺菌消毒すればたまごに付いているサルモネラ菌が死滅します。
そのため、生で食べても食中毒になる可能性が低くなり安全と言われています。

しかし、本当に殺菌消毒は「安全」なのでしょうか?

通常、卵の殺菌消毒には薬剤(次亜塩素酸ナトリウム)を使います。
次亜塩素酸ナトリウムとは要は塩素のことです。

卵の殻は食べないから安全なんじゃないの?と思われるかもしれません。
ですが実際には、卵の殻には小さな穴があるため、そうした薬剤が殻の内側まで入り込んでいくのです。


食中毒は回避できるとして、
こうして塩素が含まれた卵を食べ続けると、人間の体はどうなるでしょうか?

塩素というのはサルモネラ菌だけを狙い撃ちするわけではありません。
その他の有用な微生物までも殺してしまいます。

塩素の含まれた卵が胃の中に入ることで、腸内細菌までもが殺されてしまうかもしれません。

腸内細菌が減り、微生物の多様性が失われることでアレルギーを引き起こしたり、健康に関わる問題が起こる可能性が出てきます。

もう1度聞きます。
本当に殺菌消毒は安全ですか?

そもそもなぜ殺菌消毒が必要なのか?

卵にサルモネラ菌が含まれていたとしても、必ずしも食べた人全員が食中毒を起こすというわけでもありません。

もちろん殺菌消毒をした方が食中毒の危険性は格段に下がりますが、食中毒にはならずともアレルギー等、別の問題を引き起こし得るということは前述した通りです。

しかし、そもそも全ての卵にサルモネラ菌が含まれているわけではありません。
サルモネラ菌は土の中にも普通に存在しますし、本来サルモネラ菌はさほど強くなく、人や動物の体内でも別の微生物によって簡単に殺されてしまいます。

健康であり、免疫力が高ければ、鶏の体内でもサルモネラ菌が異常に増殖することはありません。

赤ちゃんのうちからアレルギーを予防する習慣をニワトリの砂遊びに学ぶ
赤ちゃんのうちからアレルギーを予防する習慣をニワトリの砂遊びに学ぶ
突然ですが、 ニワトリはどうやって自分の体をキレイにしているかご存知ですか? 例えば私たち人間は水、いわゆるお風呂やシャワー...

つまり、サルモネラ菌自体に問題があるわけではなく、サルモネラ菌が異常に増殖してしまう環境が問題であるということです。

スーパーで安く売られている卵には安いなりの理由があります。
その卵は窓一つない鶏小屋の中のせまいケージの中で生活している鶏が産んだ卵だからです。
卵の質を決める大きなカギはエサ飼育環境です。

想像してみてください。
あなたが光のない暗い牢屋に閉じ込められたら?

その牢屋には何もありません。自分以外にもう3,4人閉じ込められています。
さらに地面も天井も網状です。
自分は2階に住んでいて、上の3階にも下の1階にも人が住んでいます。
しかもトイレはありません。好きな時に自由にそこでトイレしていいのです。
掃除用具なんかありません。たまに外から清掃員がやってきて掃除してくれる程度です。

衛生状態は良いはずがありません。
卵にフンが付いたら簡単にサルモネラ菌に汚染され、簡単に増殖するでしょう。
だから殺菌消毒が必要なのです。
ケージ飼いで通気性の悪い飼育小屋よりも、通気性の良い平飼いの飼育小屋の方が、サルモネラ菌の数は少ないという研究結果も出ています。

しかもこんな環境にいたら絶対鬱になりますよね?
卵なんて産んでいられません。
だから生産者は鶏が鬱にならずに卵を産めるよう、抗生剤、抗うつ剤、ホルモン剤を含んだペレット状のエサを与えるのです。

そんなエサを食べ続けた鶏が産んだ卵は本当に安全でしょうか?
殺菌用の塩素だけでなく、そうした抗生剤などの成分が蓄積してアレルギーを引き起こす可能性も十分にあるわけです。

さらに言うと、生産者が卵の価格を抑えるために遺伝子組み換えの大豆やトウモロコシをエサとして与えている可能性もあります。

大事なのは鶏のエサ飼育環境です。
この2つは互いに相関関係があり、どちらが欠けてもいけません。
この2つがニワトリにとって健康的なものであれば、そもそも消毒すらする必要はないのではないでしょうか。

まとめ

弊社の農場ツアー「Happy Egg Hunting」では、
マレーシアにて養鶏を自然農法で実践し、良質なたまごを生産している養鶏場を訪ねることができます。
詳細はこちら↓

マレーシア農場ツアー[Happy Egg Hunting] 詳細案内
マレーシア農場ツアー[Happy Egg Hunting] 詳細案内
************ 2019年4月18日最新情報 お申し込みはお問い合わせページからご連絡ください。 折り返し詳細をご案内さ...

ご興味のある方はお問い合わせもしくはコメントからご連絡ください(*・ω・)ノ

農場ツアー[Happy Egg Hunting]参加者受付中です★

—————————-
農場ツアー「Happy Egg Hunting」in マレーシア
参加者受付中です♪

催行の案内はこちらから。
参加申込はこちら

—————————-

スポンサーリンク

シェアする

フォローする