スポンサーリンク

黒いニワトリ「Ayam Cemani(アヤムチェマニ)」を1羽まるごと茹でてみたよ

こんにちは!Chihiroです(*・ω・)ノ

最近タンパク質源がほしいなとVillage Grocer(ビレッジグローサー)というスーパーを物色していた時のこと。

何やら黒いもの発見。

こっ、、、、これは、、、、!!!

アヤム・チェマニ(Ayam Cemani)ではないか!!!

説明しよう!\\\\٩( ‘ω’ )و ////
アヤムチェマニ、別名ブラックチキン。
皮も肉も爪も内臓もすべて真っ黒い、
インドネシア、マレーシアの在来種のニワトリのことである!\\\\٩( ‘ω’ )و ////

その他おいしいマレーシア在来種のおいしいニワトリはこちら。

マレーシアのカンポンチキン含む美味しい鶏肉3種類紹介♪
マレーシアのカンポンチキン含む美味しい鶏肉3種類紹介♪
日本の鶏肉よりも全体的に美味しいマレーシアの鶏。その中でも特殊なマレーシアの在来種3種を紹介します。

いやまさか、クアラルンプールのスーパーでアヤムチェマニをお目にかかれるとは!
今までペナンや農場で見たことはあったんですが。
アヤムチェマニはなかなか見かけないんですよね。
単にKLでスーパーの食肉コーナーに滅多に行かないだけかもしれませんがw

農場でアヤムチェマニの内臓は食べたことあったんですが、
肉はまだこれまで食べたことがなかったので、
せっかくいい機会と思い、
一羽まるごと買ってみました♪( ´θ`)ノ
(というかもはやこの状態でしか売られていないのに部位別に買うという選択肢はないw)
一羽といっても頭や内臓は付いてないんですが。

黒いなぁ(`・∀・´)

やはり食肉生産のために品種改良とか太らせたりとかした鶏に比べ、
スリムです(*゚∀゚*)
アヤムチェマニ食べたら自分もスリムになれるんじゃないかという淡い希望を抱きつつw

一羽まるごとは調理したことないけど、、、
とりあえず茹でます(๑╹ω╹๑ )


つい好奇心で茹で前に脚出して
そのまま茹でたら熱で脚が曲がらなくなったの図w

こうやって一羽丸ごとを見つめていると、ももの感じとか、お腹とか、手羽先のワキとか…
正直人間の体と不気味なほど似ててたまにゾッとするんですよね( ̄ー ̄)
まぁニワトリも人間も元を辿ると同じ祖先ですしね。

というか全身真っ黒なので火が通ったかが非常にわかりづらいヽ(;▽;)
とりあえず30分程度茹でました。
味付けは塩のみ。
茹で汁がアヤムチェマニの出汁と混ざり、食欲のそそる香りが漂います(・∀・)

完成。
写真がインスタ映えからほど遠いクオリティなのはアヤムチェマニが黒いせいということでw

爪まで真っ黒です。

骨まで黒いんですが、黒い膜でコーティングされている感じです。
以前農場で食べたアヤムチェマニの内臓もコーティングされていました。

味は、、、普通のニワトリとさほど変わりませんが肉が引き締まっていますね(*・ω・)ノ
柔らかすぎず、硬すぎず、ちょうどいい噛みごたえです。

肉も黒いんですが、真っ黒というより灰色、炭の色でした。
品種改良されたニワトリよりも断然肉が少ないので貴重なお肉をあますことなくおいしくいただきました(^_^*)
ニワトリの香りが予想より強かったので、生姜とかハーブとか使ったらよかったかなと。
個人的には肉本体よりも出汁にハマりましたw
ご飯と合うことこの上なしですよ。
ぜひお試しを(*・ω・)ノ

農場ツアー[Happy Egg Hunting]参加者受付中です★

—————————-
農場ツアー「Happy Egg Hunting」in マレーシア
参加者受付中です♪

催行の案内はこちらから。
参加申込はこちら

—————————-

スポンサーリンク

シェアする

フォローする