買う前に知っておきたい!おいしいマンゴスチンの選び方

マンゴスチンのシーズンがやってきました(о´∀`о)

マンゴスチンは季節性のあるトロピカルフルーツ。
年中ずっと収穫されるわけではないので店に並んでるのを見るとその稀少さのあまり、ついつい買いたくなります。
しかしせっかく買ったのにマンゴスチンの皮を剥いたら中の実が腐ってた…なんて経験ありませんか?

本来ならば甘くて果汁たっぷりの純白マンゴスチン(*´∀`)
期待を膨らませて開けたのに腐っていたらショックですよね(T_T)

あの時のショックを二度と味わいたくない…
そんなあなたに今回は美味しいマンゴスチンの見分け方を紹介します!
私も100発100中で見分けることはできないのですが、最低限ここだけはというポイントをお伝えしていきますね・ω・

スポンサーリンク
広告レクタングル大

良いマンゴスチンを見つける方法

マンゴスチンはフルーツの中でも比較的かなり皮が厚いです。
なのでなかなか皮を剥かずにいいマンゴスチンを見分けるのは少し難しいところがあります。
見た目が良くてもいざ開けてみると中が腐っていたりすることはよくあります。
私も未だにはずれに当たることがあります。
ここでは最低限確認しておきたいマンゴスチンを見分けるポイントをお伝えします。

ヘタが緑色であること

マンゴスチンのヘタを見ることでどの程度新鮮なのかを判断することができます。
マンゴスチンは収穫されたりして木から離れた時点からヘタが腐っていくんです。
鮮やかな緑色をしたヘタは比較的新鮮であり、茶色く枯れたような色をしているのは古いマンゴスチンです。
なるべくヘタが緑色のものを選びましょう。

外皮が黒っぽい紫色であること

外皮が薄い緑色だったり、明るい紫色だとまだ熟していないという表れです。
すぐに食べたい場合はなるべく外皮の色が黒っぽい暗い紫色をしたものを選びましょう。
明るい紫色のマンゴスチンは数日置いてからいただきましょう。
常温で保管しておくことで追熟します。

食べ頃のマンゴスチンはこんな感じにほぼ黒。
暗い紫色です( ´ ▽ ` )↓

マンゴスチンの外皮を軽く押してみる

古いマンゴスチンは固くなります
これは外皮を軽く押してみるとわかります。
まるで鉄球のようです。カッチコチです。
硬すぎて開けられません。
時間が経つと黄色い粘性のゴムのような樹液が皮に浸透していくために、硬くなるのです。
カッチコチなマンゴスチンは避けましょう。まず開けるのも困難です。
開けたところで中身は大抵腐っています。とても残念です。
ポイントは皮を軽く押してフニャッと凹む程度に柔らかいものを選ぶことです。
※売り物には凹み跡をつけないように注意です…!

小さいマンゴスチンの方がはずれが少ない

なるべく小さいマンゴスチンを選びましょう。
大きいマンゴスチンは部分的に腐っていたりすることが多いです。
小さいマンゴスチンは種も少ないため食べやすく、腐っていることも少ないです。
甘さも凝縮されている気がします(*´ω`*)

アリがたかっていても気にしない

売り場に置いてあるマンゴスチンにアリがたかっているのをよく見かけます。
アリは悪い虫ではありません。むしろ良い虫です。
アリがたかっているということはそれだけ甘い実であるということです。
よくヘタの裏側に隠れていて、そのまま皮を剥くと彼らは興奮してわしゃわしゃと湧いて出てくることがあります。
そうなるとまぁ大変なことになります( ̄▽ ̄;)

実を開ける前にマンゴスチンを軽く水洗いすることをおすすめします。水がない場合は開ける前に先にヘタを取ってしまって、アリがいないか確認しましょう。

ちなみにマンゴスチンはナイフがなくとも簡単に皮をむくことができますよ(*・ω・)ノ
詳しくはこちらの記事にて。

簡単10秒!ナイフ不要!マンゴスチンの皮のむき方・食べ方
簡単10秒!ナイフ不要!マンゴスチンの皮のむき方・食べ方
昔から ドリアン持ち込み禁止としているホテルは多いです。 においがキツイからね( ̄▽ ̄;) 近年、 マンゴスチンも持ち込み禁止に...

余談ですが、収穫の時はよくマンゴスチンの木に
茶色くデカいアリが木に巣を作ってマンゴスチンの周りをうろうろしているのを見かけます。
収穫しに木に登ると横取りするなと言わんばかりに襲ってきます。
地味に噛まれると痛いです。
マンゴスチンハンティングは常にアリと蚊との戦いです。
しかし戦いに勝ち抜いた後のマンゴスチンは最高ですよ❤(*´∀`)

まとめ

マンゴスチンは甘くてジューシーな実が魅力的なフルーツです(*´∀`)
うましうつくしなマンゴスチンと出会えるといいですね(〃ω〃)

スポンサーリンク
広告レクタングル大