2017年7月17日に開通したMRTに乗ってKajang(カジャン)のSatay(サテー)を食べてきたよ!

2017年7月、マレーシアに新しいMRTが開通しました!
Sungai BulohからKajangまでをつなぐ電車です。


この写真だと9番の緑のラインがそのMRTです。
Muzium NegaraからTun Razak Exchange(TRX)までのKLの中心部は地下鉄となっています。
これで今住んでいる地域からもKL中心まで安く気軽に行けるようになって便利になりました(*´∀`)

余談ですがLot10やPavillionといったショッピングセンターから近い駅であるBukit Bintang…
ここすんごい長いこと工事していたんですよね。一生終わらないと思ったのにw
観光地のはずなのに(観光地だからか)乞食や浮浪者もけっこうそこらじゅうにいたりして…
MRTが完成してやっと工事も終了。久々に行ったら小綺麗な街並みになっていました。
レンタル自転車なんかもありました。


((こんな熱帯の国で誰が自転車使うんだろう…(;´Д`)
車と歩行者が多すぎて自転車通る隙間なんt….orz

この熱帯の暑さにもスコールにも負けずにレンタルしたぜっていう強者がいたら是非とも感想教えてほしい…(;´Д`)
一応リンク貼っとく。ご興味のある方はぜひ。
http://o.bike

本題に戻ってMRTのお話。
車だと時間のかかってなかなか行く機会のないKajang(カジャン)までMRTで行ってきました!(*´∀`)
Kajangと言えばSatay(サテー)
ココナッツで味付けされた東南アジアでメジャーな串焼きです。
日本みたく鶏肉もあるんですけど、マレーシアやインドネシアだとSatay daging(牛肉)Satay kambing(山羊肉)が割と人気のようです。

スポンサーリンク
広告レクタングル大

Sungai Buloh – Kajang MRT

先月新しく開通しただけあって、電車の内装も綺麗でした!
ライトブルーの座席がいい感じ♪(*´∀`)


電車の本数も大体4〜8分に1本くらいとこれもいい感じ(*´∀`)

2017年8月16日現在は開通記念ということもあって、MRTだけでなくLRTおよびモノレールもマレーシア独立記念日(8月31日)までは運賃が半額になっています。
私はMutiara Damansara駅から乗ってStadium KajangまでRM2.5(約64円)でした!むむむ安い。
所要時間は約1時間ちょいといったところでした。

Kajang名物のSatayを味わう!@ Sate Kajang HJ Samuri

KajangのSatayのお店はMRT終点のKajang駅ではなくStadium Kajang駅の近くにあります
Kajang駅からだと20分程度歩かなくてはいけなくなるのでご注意を!

私が今回行ったのはRestoran Sate Kajang Hj Samuriというサテーレストラン。

ここは先に席を確保して席番号を把握しておいてから、カウンターでオーダー・お会計し、席で待っているとSatayが運ばれてくる形式のレストラン。
Satayが超ボーボーです。


拡大。ボーボー焼いてます。

フツーのサテーのお店だと炎をたいてボーボーするというよりかは炭火でジワジワやることが多いので、
こんな感じでSatayを焼くのは見ていておもしろいかも。職人技でありパフォーマンス。
焦げないように焼くの難しそう(゜o゜)

Satayが来るまでの間はキュウリとNasi impit(ナシインピッ)をつまみます(*´∀`)

この白い筒のようなものがNasi impit。
Nasi impitはご飯をパンダンリーフとレモングラス、塩、レモングラス、ベイリーフと一緒に炊いた後にトレーに移し、重しを上に載せて圧縮した後に切ってサーブしたもの。

Restoran Sate Kajang Hj Samuriではナシゴレンや白米も出してましたがSatayを食べるなら断然Nasi impitが良し!
串で刺してサテーソースにつけてまるでスナック感覚で米が食べられるんですから(*´∀`)

そしてついに運ばれてきました主役satayの登場です\(^o^)/

手前がSatay daging(牛肉)で、奥の方がSatay kambing(山羊肉)。
焼いちゃうとどっちがどっちだかわからんねw
けど食べればわかります。Kambingの方が羊肉みたいでケモノ臭いです。
東南アジアで食べる牛肉もなんとなくケモノ臭い気がするけどそれでもやっぱ羊系のケモノ臭さには敵わないですね(´・ω・`)
脂が多いような気はしなかったんですが、どちらかというと牛よりも山羊の方が柔らかかったです。


Satayは基本、このピーナッツをすりつぶした甘いソースに付けて食べるんですけど、付けずに食べるのも美味しいんですよね(*´∀`)

こっちは辛めのソース。
辛そうで辛くないんだけど後からじわじわ辛さが来るラー油という感じ。
サクサクフライドガーリックも入っています。
甘いサテーソースと混ぜて食べるのも乙なもんです(*´∀`)

串10本も食べたらいい感じにお腹が満たされました。満足満足(*´∀`)
すごく美味しい!っていうよりかは普通に美味しいという感じのSatayでした。
このクオリティなら家の近くでも見つかるかな、という印象。
だってSatay自体がすでに美味いからな(*´﹃`*)

次回Kajangにまた来るときは別のサテーレストラン行ってみよ(・∀・)

Kajangの街並み

Satayを食べた後は少しKajangの街をお散歩。

Satayのお店はKajangのいろんなところに散らばっていますが、観光地というよりかは生活感漂う下町という感じです。
街にはインド系も中華系も多いです。Metro Plaza Kajangという小さいショッピングセンターもあります。Stadium Kajang駅からも歩いていけます。

壁画マップ発見。ペナンやマラッカにもこんな感じのあったなー。

お菓子屋さんもちょこちょこ。


量り売りスタイルのお菓子屋ってテンション上がりますね(*´∀`)子ども心がくすぐられて。
コアラのマーチ(たぶんパッチモン)ととんがりコーン発見しました\(^o^)/

まとめ

Kajangは観光できるものがあまりないのでStadium Kajangでスポーツ楽しんでからのSatayというコースが良いかも。
MRT駅もできたことだしこれからの発展具合に期待ですね(*´∀`)

ちなみにSatayは店によってはうさぎ肉を出しているところもあります。
私が行ったHJ samuriもメニューにはありましたが注文はしませんでした。実際に売ってるのかちょっと疑わしくもありますが^^;
次はうさぎ肉見つけて食べるぜぇえええええええええ

スポンサーリンク
広告レクタングル大