「プトゥバンブー」という伝統的なインドネシア/マレーシアのスイーツ(Kuih)

クエ(Kue/Kuih)って知っていますか?

マレーシアの至る所で売られているスイーツのことです。
クエも含め、マレーシアのスイーツってお米やココナッツを原料としたものが多いのが特徴です。
緑やピンクなど色とりどりで種類豊富なんです。
なかなか刺激的な色のクエが多くて甘みが強いイメージを持たれがちですが、意外と甘さは抑えられていることが多いんですよ(๑˃̵ᴗ˂̵)

上の写真はクラン(Klang)のナイトマーケットで撮った写真なんですが、
気になったのがこの左上のクエ。

プトゥバンブー(PUTU BAMBU)とあります。
下段に置いてあるクエたちとは物理的にも扱い的にも格の違いが現れとる…(O_O)
その横にあるプトゥピリン(PUTU PIRING)も気になるところではあるが、南インドのイドリ(Idly)にも似ていてなんとなく味が想像できてしまう…

よし、あとでプトゥバンブー買おう!と決めて他の店を回り、一巡したのですが、、、

見事に買い忘れた…!!( ;∀;)

ナイトマーケットに行くと大抵衝動買いしがちなので、一巡して全部見終わった後にもう1度回って気になったものを買うようにしてるんですが、今回は見ながら欲しいものを買っていったので一巡したら満足してすっかりプトゥバンブーのことは忘れちゃったんですねw

しかしなんとラッキーなことに、ブキッティンギ(Bukit Tinggi)の高速道路のパーキングエリアでプトゥバンブー再発見!( ̄▽ ̄)

スポンサーリンク
広告レクタングル大

プトゥバンブーとは

Kue putuまたはputu bambu、putu buluhまたはputo bumbongは、伝統的な円筒形の緑色の蒸しケーキです。ケーキはスージー(セモリナ粉)と呼ばれる米粉で作られ、パンダンの葉から得た抽出物で緑色に着色され、パームの砂糖で満たされ、竹のチューブで蒸しされたことからその名が付けられ、ココナッツフレークが添えられます。この伝統的な一口サイズのスナックは、インドネシア、マレーシア、フィリピン料理を含む東南アジアの海洋地域によく見られ、インド産のインド産のケララ州の産地に由来すると考えられています。 Kue putuはまた、インドネシアとの植民地時代の関係のためにオランダでも見つかります。

引用元: https://en.m.wikipedia.org/wiki/Kue_putu

起源はインドネシアなんですね。
インドの影響も受けているようですが、原料は米粉、パンダンリーフ、ココナッツフレークおよびココナッツの樹液から作られた黒糖のグラメラカを使っていて、とっても東南アジアらしいスイーツです。

パッケージには、
100年前から楽しまれている味…うーん!!!
と、ありましたw
うさん臭さ満載ですが100年前というのはあながち嘘でもなさそうです。

プトゥバンブーの作成過程を見学

なんとそのブキッティンギで見つけたプトゥバンブーはその場で作られていましたw
米粉のタネ→グラメラカ→米粉のタネ→グラメラカ→米粉のタネの順番で竹筒の中に具材を詰めていきます。

本当に竹筒を使って蒸しているんですね(๑˃̵ᴗ˂̵)
実はこの竹筒の下は穴が開いていて、蒸気がそこから流れてくるようになっています。

蒸された後は竹筒から取り出してココナッツフレークをまぶします(๑˃̵ᴗ˂̵)

完成!

プトゥバンブーのお値段

5つ入りでRM2か3だったと思います。←うろ覚え

プトゥバンブーの味

できたてを買ったのでとても温かく、
グラメラカがとろーりとしていてとっても美味でした!(๑˃̵ᴗ˂̵)
クエって実は温かい方が美味しかったりするんですよね(๑>◡<๑)
甘みも適度でいい感じです。
ただし、崩れやすいので付属のスプーンで食べるのが良いです。

まとめ

プトゥバンブーはナイトマーケットで売られていることが多いようです(๑˃̵ᴗ˂̵)
ぜひできたてを見つけて温かいうちに食べてみてくださいね!

スポンサーリンク
広告レクタングル大