KLセントラル⇔クラン(Klang)移動時に学んだKTM Komuterの乗り方のコツ

マレーシアでKTMを使ったことはありますか?

Keretapi Tanah Melayu Berhad、通称KTM。
マレーシア政府が完全所有しているマレーシア半島の主要な鉄道会社です。
運賃は一般的に言えばリーズナブルですが、運行頻度が少なく、頻繁に故障なんかも起こるようです。

割と旅行者にとっては便利な電車なんですよね。
近場だとバトゥ洞窟(Batu Caves)、遠いところでもイポー(Ipoh)やペナン島(Pulau Penang)の対岸であるバターワース(Butterworth)にも行けます。
遠いところへ行くにも近いところへ行くにも便利なんですが、これがまたひとクセもふたクセもある電車なんです。

今回クラン(Klang)に行く際にもこのKTMを久しぶりに使ったんですが、
使うたびに「もう2度と使わん!」と決意させられるような電車なんです(ー_ー;)
まぁそれでも時間が経ったらそんな決意すら忘れてまた使っちゃうんですけどねw

おおまかに言うと、KTMにはKTM ETS, Komuterなどのいくつか種類があるんですが、
今回クランへはKTM Komuterを使用して行きました。
このクランへの往復で学んだKTM Komuterの使い方のコツを書いていきます。

スポンサーリンク
広告レクタングル大

時刻表はあくまで目安

今回私はチケットトークンを買わずにタッチアンドゴー(Touch ‘n Go)を使って乗りました。
タッチアンドゴーは日本で言うSuicaみたいなチャージカードです。
カードじゃなくてトークンを買う場合、KTMの券売機は大抵壊れているので窓口で買うハメになります。
窓口が混んでいるととてつもなく長い列ができていたりしてこれがため息モノ。(´・ω・`)
時間をムダに取られたくないので事前にタッチアンドゴーにRM40をチャージ。
KLセントラルの改札でタッチしてプラットフォームに降りたら
ちょうどタイミングのいいことに電車が来たんです!(゚∀゚)
時刻表やプラットフォームの掲示板に表示されている出発予定時刻の14分前に電車が出発
事前に時刻表で電車の運行頻度は確認しておくと良いですが、詳細な時刻は覚えておかない方がいいと思いますw

一応ここにKTM Komuterの時刻表貼っておきます↓目安です。
https://intranet.ktmb.com.my/ktmb_ui/portal/full/258

改札がタッチアンドゴーに反応しない

私はカンプン・ラジャ・ウダ(Kg Raja Uda)駅で降りたのですが、
駅の改札がタッチアンドゴーに反応しなくて出られない!(ToT)
困って駅の窓口にいたスタッフにどうしたらいいか聞いてもマレー語で何を言っているかわからず(T_T)
窓口手前の通り道についているタッチアンドゴー用の白い機械を指差していたのでこれにタッチしたらいいのかと思い、タッチしたらなぜか残額がRM30に…!(;´Д`)
運賃RM10もするわけがないのはわかっていたので、きっと何かの間違いと思い、とりあえずこれで駅を出ました…

田舎の無名な駅を使うときは改札がタッチアンドゴーに反応しないことがあるので、トークンを買って使う方が無難です。

白い機械にタッチするとRM10取られる

帰りは別の駅から乗ったのですが、そこでも普通の改札ゲートではなく窓口前の特別ゲートらしきところを通ったんですよ。
白い機械にタッチするとまたしてもRM10取られました…なぜ…orz
KLセントラル駅で出るときは普通に改札ゲートでタッチして出ることができました。
乗った駅で引かれたRM10とは別に運賃RM4.5が引かれていました。

もっかい言います。
田舎の無名な駅を使うときは改札がタッチアンドゴーに反応しないことがあるので、トークンを買って使う方が無難です。

人を待ってくれる

帰り、改札内に入ってプラットフォームへ向かうとそれに気づいたらしき駅員さんが電車を止めて私が乗り込むのを待ってくれていました。
KTMにしては優しいじゃんと感心したひとときでした。
時刻表の時間と比べたら1分オーバーしたのみでした。KTMにしては時刻通り。

オーバーチャージされた料金は返金申請が可能だが…

ネットで後で調べてみたら、やはりKTMではタッチアンドゴーを使わずにトークンを買う方がいいとの声が(ー_ー;)
白い機械でタッチして取られるRM10はペナルティ料金のようです。
別にタッチ忘れしたわけでもないのにペナルティだと…?(´;ω;`)
オーバーチャージされた金額は申請すると返金される場合があるようですが、申請はタッチアンドゴーの窓口(KLセントラル駅直結のショッピングモール、NU sentralにあります)に行って45分待たないといけないとのこと…

泣き寝入り決定…(;´Д`)

まとめ

今回私が得られた教訓をまとめるとこんな感じです↓

  • 時刻表はあくまで目安
  • タッチアンドゴーはなるべく使わずトークンを買う
  • 運が良ければ電車は待ってくれる

運行頻度が30分〜1時間と少なく、
時間が気になる日本人としては時刻表を参考にしがちですが、
KTM komuterに関して言うと時刻表はほとんど当てになりません。
急ぎの時や約束事がある時は使わない方が無難ですわ^^;
KTM komuterに乗る時はおおらかな気持ちをお忘れなく!

スポンサーリンク
広告レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告レクタングル大