日本人にもっと知ってほしいドリアンの5つの真実

ドリアンってクサいんでしょ?

…いえいえ、クサいだけじゃないんです。
確かにクサいのは事実なんですけど、
そのクサさを凌駕するような魅力
ドリアンにはあるんです。
ここではあまり知られていないドリアンの真実を5つ紹介します。

新鮮なものほどクサくない

実は収穫したばかりのドリアンはそんなに臭いがキツくないんです。
街中の屋台や観光地で売られているドリアンは収穫して時間が経っているからその分発酵(腐敗?)が進んで臭いがキツくなっているんですね。
さらに言うと、皮から実を取り出したらはなるべく早めに食べるのがおすすめです。
私は食べきれなかったドリアンをタッパーに入れて持ち帰ったことがありますが、帰る道中、あの強烈なにおいが鼻を突き刺し続けていました….

フルーツとは思えないほどクリーミーな食感

私は初めてドリアンを一口食べた時、こう思いました。
「においはともかく食感がまるでティラミス!!」

あのにおいを超えた先にはティラミスのようなクリーミーな食感が待っているんです。
とにかくフルーツとは思えないほど濃厚なんです!

けど正直言うと、2口目以降はマズいって思ったんですよねw
ビールみたいに自分のコンディションによって味も変わってくるんですね。
その後はドリアン食べる度ににおいにも慣れていったのか、
だんだんとドリアンが好きになっていきました。

ニワトリも大好き!

ニワトリもドリアンを見つけると一目散に駆けていって
必死になって食べるんです。
これは実際に農場に来て見てほしいなー!
マレーシアで自然農法を実践している農場に行けるツアーはこちら

お酒と共に食べても死なない

実際にビール飲んだ後にドリアン食べました
なんともありませんでした。
たくさん飲んで食べて、ってことになると保証はできませんが、
アルコールもドリアンもほどほどなら問題ないとは思います。

ドリアンは陽のフルーツと言われていて、食べると体が熱く感じます。
アルコールも同じように体が熱くなるので、一緒に食べる・飲むのは相性が良くないような気がします。

食べた後は皮と一緒に水で手を洗うとにおいが落ちる

手づかみでドリアンを食べると手ににおいが付きます。

けど、皮をこすりながら水で手を洗うと、においが緩和されます。

これはマレーシアの友人に教わりました。
食べた際には皮を捨てずに手を洗ってみてください。

まとめ

ドリアンはクサいだけじゃなかったんです。
でもやはりクセのある食べ物なので、
東南アジアでも好きな人・嫌いな人にわかれるみたいです。
日本でいう納豆的存在ですね。

私もまだまだ勉強中なので、
もっと他にもドリアンのことについて知ってることがあれば、
お問い合わせページから教えていただけたら嬉しいです^^

スポンサーリンク
広告レクタングル大

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
広告レクタングル大