スモールスタートでWordPressサーバがほしいならAWSがおすすめ!

ご無沙汰しています。
ライブドアブログの利用を止めてAWSでWordPressのサイト運用を始めました。
レンタルサーバではなくAWS無料利用枠内でも簡単にWordPress用サーバを作ることができるんです。
ここではWordPressサイトをAWS無料利用枠で運用するメリットやデメリットについて説明します。

AWSとは

–以下、AWSサイトより引用–

2006年、Amazon Web Services(AWS)は、ウェブサービスという形態で企業を対象に IT インフラストラクチャのサービス提供を開始しました。それは現在、一般的にクラウドコンピューティングとして知られています。クラウドコンピューティングの主なメリットの1つは、先行投資資本となるインフラコストを、お客様のビジネス拡大にあわせた低額の変動費に移行できることです。クラウドを使用することで、企業はもはや数週間・数ヵ月も前から、サーバーや他の IT インフラストラクチャを計画・調達する必要がなくなります。クラウドなら、即座に何百・何千ものサーバーを数分でスピンアップし、迅速に結果を出すことができます。

引用元: https://aws.amazon.com/jp/about-aws/

うん、わかりづらい(苦笑)

AWSはAmazon Web Serviceの略で、仮想サーバやストレージ、データベースなどといったITのインフラ資源をインターネット経由で提供されているクラウドサービスのことです。

WordPressインストール関連に限って言えば、AWSの中でもEC2というのがあって、このEC2がサーバとして使えるAWSのサービスの1つとなっています。

AWSの使用料に関しては基本的に従量課金制です。
使った分だけ料金が発生します。


スポンサーリンク

AWS EC2とは

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) クラウドでサイズが変更できるコンピューティングキャパシティーを提供します。Amazon EC2 の使用により、ハードウェアに事前投資する必要がなくなり、アプリケーションをより速く開発およびデプロイできます。Amazon EC2 を使用すると、必要な数 (またはそれ以下) の仮想サーバーを起動でき、セキュリティおよびネットワーキングを構成でき、ストレージを管理できます。Amazon EC2 により、要件変更や需要増に対応して拡張または縮小できるため、トラフィック予測が不要になります。

引用元: http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/concepts.html
—-

要は自分の好きなようにサーバを作ってすぐに利用できるよってことです。
サービス内で言うところのインスタンスという用語がサーバにあたると考えてもらっていいと思います。

AWS無料利用枠

AWSを始めると、今なら1年間無料でサービスの一部を使うことができるんです。
例えばEC2インスタンス、いわゆるサーバですね。
これは稼働時間が月750時間内なら無料。
750÷31=24.1…なので、24時間365日サーバ1台起動しっぱなしでも無料で使えますよ、ということですね。
インスタンスが2台あって両方とも1か月間稼働するとなると、料金が発生してしまうのでご注意を。
停止時間は課金対象にはなりません。

ちなみに無料で使えるインスタンスのメニューはt2.microまでです。
t2.micro
vCPU: 1
CPUクレジット/時: 6
メモリ(GiB): 1

無料相応のスペックですね。
最近のPCと比べても大きいとは言えないんじゃないでしょうか…

インスタンスのメニューとしてはWordPressも簡単にインストールできるイメージ(AMI)も無料でちゃんと用意されてるので、WordPress初心者とか、さくっと短時間で作りたい人にはおすすめです^^

AWS無料利用枠の詳細はこちら↓
https://aws.amazon.com/jp/free/

AWS無料利用枠のメリット

AWS無料利用枠を使用するメリットは何と言っても初期費用を抑えられることだと思います。
そして、無料期間が終了しても料金は従量課金制なので、過剰に費用がかかることはありません。

AWS無料利用枠のデメリット

デメリットは2つあります。
1つ目はスバリ過剰なアクセスに耐えられない危険性があることが1番でしょうね。
CPUとメモリだけ見ても、先に述べた通りスペックが…
なのでもうすでに月に何十万PVというアクセス数がある場合はAWS無料利用枠にはむやみに手を出さず、他のレンタルサーバの料金も含めて見積もり検討した方がいいでしょう。

2つ目は、AWSにはサーバーやネットワークといったITインフラの知識がないと、いくらEC2のみの利用とは言えど少し難しいということです。
WordPressのインストールや設定は簡単にできますが、IPアドレスやDNSといったネットワーク、ディスクやストレージ要件なんかもしっかり理解しておくのがベターです。
もしAWSを使っていて設定につまづいたり、分からないことがでてきたらココナラを活用するといいですよ(*・ω・)ノ

ココナラにはAWSに関する質問に答えてくれたり、AWSでWordPressサイトを作ってくれるサービスなんかもあります(*・ω・)ノ

まとめ

私も今のところ、WordPressでサイトを構築してきてかかった費用は独自ドメインの取得とその管理費のみです。
スモールスタートでWordPressを使いたい人、初期費用を安く抑えたい人、アクセス数も何十万と見込めるかまだわからないという人には選択肢の1つとして良いのではないでしょうか^^

—————— AWS技術者募集求む! ————–

【以下の知識・経験ある方、大歓迎!】

  • OS、ミドルウェアの知識
  • DB、SQLの知識
  • AWSなどクラウドの知識
  • VMware(vCenter)の知識・経験
  • Linuxサーバー上で動作するバッチやシェルの開発・運用経験
  • 業務でのプログラミングの経験
  • アフィリエイトサイトの運営経験など(個人・業務問わず)

【運用環境】
Linux, Solaris, VMware, AWS
Oracle, MySQL, MongoDB, Aurora, Redshift, TresureData, Fluentd
Apache, Nginx, Nagios, Cacti, Zabbix, Ansible
Cisco, YAMAHA, IPCOM, VPC, DirectConnect
GitHub Enterprise, Slack, Trac

詳細はこちらから。
—————————————————————————-

2019年4月27日(土)農場ツアー[Happy Egg Hunting]参加者受付中です★

—————————-
農場ツアー「Happy Egg Hunting」in マレーシア
2019年4月27日(土)の参加者受付中です♪

2019年4月27日(土)催行の案内はこちらから。
参加申込はこちら

—————————-

スポンサーリンク

シェアする

フォローする