AWSでAMIが勝手にスナップショット作ってて課金されてた件

今日2週間ぶりくらいにAWSのコンソールにログインし、
おまじないと化している恒例の
請求ダッシュボードチェック


えっ
今月$0.02請求されそう…!!
前回はDNSのRoute53で請求されてたけど
それはもう解除済みだし…
(その時の記事はコチラ)

まぁたかが2円程度のものに一喜一憂しなくてもいいんだけど
お金の問題ではなく
自分でAWSリソースの使用状況をちゃんと把握できていないことが問題なので
ちゃんと原因を探ってみました。

何に請求がされているかを突き止める

この請求ダッシュボードの棒グラフの下に、
サービスごとの課金状況が表示されています。
赤字で200%となっているこのEBS – Snapshotsがあやしい…

EC2コンソールを開きます。
もしくはサービスコンソールを開き
EBSで検索するのもよしなり。

AWSのサービスっていっぱいあるから
時々そのサービスがEC2に含まれてるものなのかどうかって
わかんない時あるしね^^;

EBSスナップショットとは

EBS = Elastic Block Store
EC2標準のデータボリュームのことです。

スナップショットとは
データボリューム(データディスク)の
バックアップのようなもの
です。

バックアップのようなもの
と書きましたが、
厳密に言うとバックアップではないのです。

スナップショット作成を実行した時のデータボリュームの
状態を保存しておき、
その時点からデータボリュームに書き込みなどがされて
状態が変わったら
その差分をすべて記録しています。

だから時間が経てば経つほど
スナップショットは肥大化し、
容量が増えていくのです。

早く気づいてよかったー(^_^;)
これ放っておいたら多分もっと請求金額大きくなってたよ…

EC2 Management consoleを見てみると
やはりスナップショットが1つありました。
自分でWordPressインストールしたときにでも作ったかな?
忘れているだけかもしれないけど
現時点でちゃんと正常稼働しているので
消すことにしました。

EBSスナップショットが消えない

EC2コンソールから
スナップショットを削除しようとしましたが
なぜか消えない…orz
AMIが使っているから削除できない、といった
エラーメッセージが表示されました。

天下のGoogle先生にお伺いしたところ
Discussion Forumsに同じような問題が載っていました。
https://forums.aws.amazon.com/thread.jspa?threadID=99332

どうやらAMIが自動で取得している
スナップショットらしい。
自分で取ったスナップショットじゃなかったんだ(*´∀`)
忘れてたわけじゃなくてよかったー!

フォーラムでの回答はこんな感じ。

質問1)自動で取られているのでしょうか?
AMIを作成した場合には、自動で作成されます。

質問2)EBSスナップショットだけを削除することはできないのでしょうか?
AMIに紐づいているsnapshotを削除頂く事は出来ませんので、AMIをde-registerしたのちにsnapshotを削除下さい。

AMIをde-registerって登録解除ってことだよね?
大丈夫な気はするけど登録解除しても
それで起動している今のインスタンスは問題ないんだろうか?(^_^;)
ということで再びGoogle先生にお伺いを立てることに。

AMIの登録解除

ちゃんとドキュメンテーションに載っていました(*´∀`)
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/deregister-ami.html#clean-up-s3-ami

AMI の登録を解除しても、AMI から既に起動したインスタンスに影響を与えることはありません。そのようなインスタンスの使用に対しては引き続き課金されます。そのため、使用が終わったら、インスタンスを終了することをお勧めします。

大丈夫そう!
ってことでさっそくAMIの登録解除!(*´∀`)笑
やり方は↑のリンクに乗っているのでここでは割愛します。

まとめ

これでなんとか最終的には
スナップショット削除に成功しました♪
とりあえず一安心(*´∀`)

AWSでAMIを使用したインスタンス作成している人は
不要なスナップショットが残っていないか
チェックしたほうがいいですよー(*´Д`)

あなたのAWSノウハウをクラウドサービスにしませんか?
くわしくみる