プカンバルの日本食、SUSHI TEI(すし亭)に行ってきたよ

プカンバルシリーズ第5弾(๑˃̵ᴗ˂̵)
今回は日本食レストランSUSHI TEI(すし亭)レポートです。

一応ここで弁解しておきますが、
個人的にその地の名物やローカルグルメを堪能することは見知らぬ土地に行く時の醍醐味と思っています。
よって私は外国に行っても日本食にはほとんど見向きもしないんですが、今回のプカンバル滞在1週間の中で、食べたかったインドネシア料理は大体制覇してしまったので、もういいかなとw
あと、インドネシアは昔行った時に海鮮が美味しかった記憶があったので、きっと寿司も美味しいだろうという漠然としたイメージがあったんですわw

インドネシアでとれる海の幸を使った寿司はきっと美味いはず!(๑>◡<๑)

というわけで、今回は2件あった寿司屋の中でもレビュー評価の良かったSUSHI TEIへ行ってみました(๑˃̵ᴗ˂̵)

SUSHI TEI(すし亭)とは

どうやらこのSUSHI TEIという寿司屋、
あとで調べて知りましたが、インドネシアの各所にあるチェーン店らしいです。

建物は大きく、内装もかなり凝っています。

日本でも田舎によくある一軒屋の駐車場も客席も広いレストランです(๑˃̵ᴗ˂̵)

中に入ってみると、平日の夜にもかかわらずお客さんがいっぱい!
日本人らしき人はいません。
プカンバルに日本人は住んでいないのだろうか_:(´ཀ`」 ∠)
まぁマレーシアでも寿司チェーン店で日本人を見かけることはほとんどないんですがw
見渡した感じ、インドネシア・マレー系が7割で、中華系3割くらいですかねー。

スタッフは全員ローカルっぽいです。
厨房を見ても日本人らしき人は見当たらず…
いやー、ワクワク期待が膨らみますねw
どんな料理が出てくるんだろうw(๑˃̵ᴗ˂̵)

抹茶スムージー

ドリンクファーストで注文した抹茶スムージー。
抹茶はパウダー入れるだけだし間違いないらー、と思って飲んでみると、

まさかの
メロン味!!!((((;゚Д゚)))))))

写真の右、さくらんぼが乗っかってる方です。
抹茶にさくらんぼは合わないんじゃないかという議論は置いといて、若干緑が明るい気もしますが抹茶に見えなくもないですよね?w
緑色なら抹茶じゃなくても緑茶味とか、シンガポールやマレーシアにも近いからパンダンリーフとかあるじゃないですか。
まさかのメロン!!!!((((;゚Д゚)))))))

一口飲んでメロンシロップの味が舌に残ります….
さすがインドネシア….初っ端から期待を裏切られましたw

一緒に来たローカルのパートナーにも飲んでもらいましたが、「うん、メロンだね。」とお墨付きをもらいました。
でもよくよく味わってみると抹茶の味もちょこっとしなくはないですw
「これ注文したのと違う」といちゃもん付けて再び抹茶スムージー注文してもおんなじ物が来る予感がしたので、これがきっと抹茶スムージーなんだと受け入れることにしましたw

一方、写真左のドリンクはピーチティー。
パートナー曰く「ライムが刺さってるからライムティーかと思って頼んだのに!」と。ここも期待が裏切られたようです。
でもライムティーにライムの生果実をコップに刺すことはあんまりないんじゃないかなw

まぁそんな勘違いを引き起こす要因はメニューにもあって、
メニューは英語と日本語しか書かれていません。
母国語であるインドネシア語が表記されていないというw
客層が絞られている感がありますね。
英語の苦手なパートナーはPeachという単語がわからず、写真で選んだようです^^;
聞いてくれればよかったのにw

枝豆

ドリンクのおつまみにオーダーした枝豆。
これも無難チョイスと思いきや・・・

日本でもあまり見かけない太めのふっくらした枝豆登場w
驚き通り越して少し不気味( ゚д゚)
パートナーですら「枝豆って普通こんなに豆大きくないでしょ!?」と訝しがってますw

味付けが4種類くらい、珍しいものもありました。
今回オーダーしたのは確かパクチーか何かハーブを使った味付けのものでした。←うろ覚え
味付けは面白いです。普通に美味しかったです。

げそ天

寿司以外の海鮮も食べておこうと思い、げそ天をオーダー。
これがなんと当たりで、サクサクしていて美味でした(*゚▽゚*)

さすがゴレン(揚げ物)大得意なインドネシアw
天ぷらもお手の物なんですね〜(*゚▽゚*)
イカ自体を細かく切ってあったので、食べやすさもバッチリ(๑˃̵ᴗ˂̵)

いなり

あ、言い忘れてましたがこのSUSHI TEI、
世間によくある回転寿司という名の回ってるお寿司屋さんですw
けど席によっては回ってないところもあります。
回っている数も少ないので、オーダーがメインという感じだったのですが、
回ってきたおいなりさんがちょっと美味しそうだったので、取ってみました(๑˃̵ᴗ˂̵)

断面図がボロボロでごめんなさい_:(´ཀ`」 ∠):
いなりが仰向けで、ご飯ではなくツナが入ってるんですよ!
食べてみるとツナの下にご飯が入っています。
これもいい感じ♪大当たりです(*゚▽゚*)
いなりにツナ、めちゃめちゃ相性抜群です!
こうやって元の寿司にアレンジが加えられる柔軟性、とってもいいですね♪
日本にありそうでなかったネタですねー╰(*´︶`*)╯♡

寿司

ついに来ました、主役のお寿司盛り合わせ♪
日本でもポピュラーなラインナップです。

わさびを溶かした醤油につけて食べるんだよって、パートナーに一般的なお寿司の食べ方をレクチャーし、そのやり方で食べてもらって言われた一言。

コレ(醤油)無い方が美味しいよ。

うーむ、確かにそうかもしれない。
大抵のお寿司はネタが美味しいんじゃなくて醤油が美味しいから食べられるんですよね。

醤油なしで私も食べてみましたが、素材の味がしっかり伝わってくるので醤油なしも意外と悪くないですね♪
ネタの海鮮臭さもなく、抵抗なく食べられました。

唐揚げ丼

締めの唐揚げ丼♪
お寿司で割とお腹も満たされてきていましたが、なんとか完食٩( ‘ω’ )و

唐揚げがいい感じにジューシーで外はサクサク中は柔らか!
食感も味も素晴らしい(*゚▽゚*)
下手に日本で食べるより美味しいと思います。
そして照り焼き&マヨソースがジャンキー感を強めますw
写真だと見にくいですが、半熟卵も乗っかっています。
半熟というより8/10熟でしたがw
けど唐揚げが美味しかったので大満足です(๑˃̵ᴗ˂̵)

まとめ

プカンバルにお寿司屋さんは2軒しかないようでしたが、インドネシアでもジャカルタとかもっと大都市に行けば本格的なお寿司屋さんもあるんだろうな〜。
しかしいろんな意味で期待を裏切り固定観念を打ち破ってくれるので、海外でお寿司を食べるのも楽しいですね♪( ´θ`)ノ