自然系ライフスタイルをデザインするmahota(マホタ)を覗いてみよう!

こんにちは。
所変わって現在シンガポールに短期滞在しています。
短い日程ではありますが、先日シンガポールの自然共生系企業を訪問してきました。
その名もmahota
日本語っぽい名前ですが、上海のサンアイランドにある仏塔(パゴダ)の名前を取っているとのことです。

今回はそんなシンガポールの自然共生系企業、mahotaの施設や取り組みを紹介します(๑˃̵ᴗ˂̵)

mahotaとは

mahotaとは、良い食べ物を育て、良い料理を提供しつつ良い物や良い生活をサポートするための事業を行なっています。

mahotaの考え方や事業内容は実際に来て感じてみると理解が深まります(笑
と言いたいところですが、ざっくり私の理解の範囲で説明していこうと思います。

mahotaはもともと昔シンガポールで養豚を行なっていました。都市化に伴い養豚業は廃止されましたが、後に上海に進出し、農場やゴルフ場、釣り、ボート、乗馬などを体験できる大きな農場リゾートにまで発展しました。シンガポールでも、同グループ内でPRIME SUPERMARKETなどの事業を展開しているようです。

養豚業が始まりなので持続可能な農業や食がmahotaの理念の基軸となっています。自分たちの手で良い食を作り上げることから発展し、食べ物だけでなく生活を支える身の回りのものや人々の健康、生活スタイルまで、できるだけ環境や人に良いものを提供し、良い食を通じて人と人とがつながる空間を提供・共有しています。

まぁこうしてとっても抽象的な説明になってしまうので、まずは簡単にmahota commune内のカフェやレストラン、食材売り場を利用してみるといいと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)
ここからはmahota commune内の施設の様子をレポートしていきますよ(*・ω・)ノ

mahota communeのグルメ探訪

mahota pantry -カフェ&スイーツ-

私はこの02番のミックスジュースをいただきました。

ゴーヤ、ロメインレタス、セロリ、グリーンペッパー、梅抽出物、チアシードのスロープレスジュース。
いろんな香りが口の中にたちこめてきます。オーガニックでとっても体に良さげな香りです。
下の写真は2種類のチョコとクッキー。

クッキーにはLaksa Leafが混ざっているとのこと。
Laksa leafはこちらの記事で紹介しているNasi Kerabuに使われるハーブの1つでもあります。
別名Vietnamese coriander(ベトナムコリアンダー)、dawn kesum(ダウンケソム)とも呼ばれているんでしたね。

クッキーってバターの香りがするイメージですがこのクッキーは食べた瞬間サンバルソースを思い出させるような香りでした笑
1番左のチョコはココナッツが混ざっていたので、全部一緒に食べたらナシルマの味になりそうなスイーツたちでした( ´∀`)笑

このバナナローフも外側サクサク中しっとりで美味でした(´∀`*)

mahota専属のシェフが提供するスイーツも含め料理すべてのレシピを考えているそうです。

mahota kitchen -レストラン-


お昼はランチセットをオーダーし、鴨肉をいただきました(´∀`*)
肉はもちろんブロッコリーや芽キャベツ、スイートポテトも美味でした!
写真はありませんが前菜のスープもMSGが入ってなさそうな味。
味が濃くなく、飲みやすかったです。

mahota market -マーケット-

オーガニックワイン。

大分県中津市の原木椎茸製品も。

野菜やお肉、卵など生鮮食品も揃っています。

この鶏肉はシンガポールの養鶏場で育てられているLacto Chicken(TM)。
乳酸菌で育った鶏だからLacto Chickenなんだそう。
うちのチキンたちも乳酸発酵飼料食べてるから同じ仲間ですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

mahotaで見つかる体に優しい日用雑貨

ガラス製マイボトル

プラスチックは最近プラスチック容器に含まれる化学物質が内容物に溶け出すことで問題になっていますね。
ガラスはプラスチックと違い、BPA(ビスフェノールA)といったような害のある化学物質を含まないため、人が消費する食べ物や飲み物に溶け出すものがなく、味もより良くなります。何回も使用し続けることができるでなく、100%再利用も可能で、アメリカやヨーロッパで厳しい基準の元作られているガラス製マイボトルです(๑˃̵ᴗ˂̵)

外側がゴムで覆われているので、落としにくく頑丈そうです( ´∀`)

米わらの食器

米わら80% 、BPAを含まない植物性デンプン20%で作られた、生物分解が可能な食器。

竹繊維で作られたまな板と食器類

抗菌性で、切った食べ物がカットボードに引っかかることもありません。
やさしい手触りです(๑˃̵ᴗ˂̵)

mahota中医診所 -クリニック-


中国医学系クリニック。
内科、小児科、産婦人科、鎮痛、養生、マッサージなどなど。
健康に関するイベントも行っているようですよ!

mahota life -開催イベント-

mahotaでは生活や健康をサポートするためのイベントを定期的に行っています。
ヨガや禅、瞑想、ストレッチ、日曜朝のウォーキングなどなど。
mahota commune内の掲示板にイベントとその内容が掲示されてます(๑˃̵ᴗ˂̵)

mahota space -コラボスペース-

mahotaに関わるパートナーの方などとのコラボスペースがあちこちに設置されています。

例えば上の写真は東京の自転車ブランドとのコラボ。
なんとヘルメットもここで購入できちゃいます(๑˃̵ᴗ˂̵)

mahota preschool -保育園-

なんと近接した建物内にmahotaのプレスクールがあるんです。
プレスクールは大体2歳半から3歳までの子が入る保育園のようなところです。
週1回外に出て自然とふれあう体験があったりなど、環境や農の考えに根ざしたmahotaの理念がよく反映されています。

まとめ

mahotaは農から始まった自然系・オーガニック系企業ではありますが、彼らは素材を活かしたデザイン景観などにも重きを置いているようでした。
プロのデザイナーがmahota communeの空間や内装をデザインしていたりなど、もともと養豚業ををやっていた企業とは思えないほど洗練された空間がありました。
育てた食材を活かすためにレストランや中国医学、教育、ライフスタイルという観点から価値を高めることは素晴らしいことではありますが、それにデザインを加えることで洗練したイメージを作り、ブランディングをうまく行なっている感じがしました。

九州にも会社があるようなので、今後九州の自然系企業や生産者の方々とコラボしていけたら楽しいだろうなとワクワクするような訪問になりました(๑>◡<๑)

http://www.mahota.sg