墓場と化す香りのないフルーツ売り場

こんにちは!Chihiroです(*・ω・)ノ

今回はフルーツと香りの話。

フルーツ専門店やスーパーの生鮮品売り場のフルーツコーナーを歩く度に思うのですが、
フルーツに全く生気がない・・・(−_−;)ずーん。

以前はフルーツ売り場に行くとワクワクしていたのですが、
もはやダルさすら感じてしまう今日この頃…

目の前には大量に盛られたリンゴやオレンジの山。
リンゴは日本のものより小さいながらも、緑のリンゴや真っ赤なリンゴなど、
いろとりどり。
山ほど盛られているのに手が伸びません・・・
香りが全くせず不気味さすら感じるのですヽ(´o`;
鼻がぴったりリンゴにくっつくくらいの距離でなければリンゴの香りがわかりません。


スポンサーリンク

フルーツは本来、果実の中にある種を広めるため、動物に食べてもらうためにその香りを強くします。
強い香りがなければ、動物に見つけてもらえず、種を繁栄させることはできません。

ここで問題なのは、
本来香りの強かったフルーツがなぜ香りを失ったのかということです。

香りがない理由は何なんでしょうか?
未熟なままの果実が収穫されたから、
肥料や農薬を与えられたから、
いろいろ考えられますが、
要は人の手が加わったことにより、香りを失ったのです。

香りってめっちゃ大事です。
花は香りでミツバチなどの花粉の媒介者を惹きつけますし、
人間も元々香り、つまり異性を惹きつけるためのフェロモンがあるわけですよね。
たとえば、中学生になった娘が、父親のことを臭いと言ってくるのは、
近親相姦を避け、種の繁栄・進化のためです。

このフェロモンを偽ったり隠すために香水が存在するわけですが、
常に外出時に香水をつけていた女性といざ同棲してみたら、香水をつけていない時の体臭が気になってしまって別れてしまう、なんてことも起きてしまうのです。

「匂い」のないフルーツって、美味しいだろうなぁと思えないわけですが、
実際に食べてみても、いまいち美味しいと思えないわけです。

私がマレーシアに来た当初はマンゴーが安くて美味しくて大好きでした。
日本で買うと高いですしね。
けどある頃から、そのマンゴーにえぐみと薬品らしき匂いを感じ、美味しいと思えなくなったんですね。

しかも、マンゴーだけじゃありません。
実は最近、すら臭いが気になるようになりましたヽ(;▽;)ノ

農場ツアーで生の卵を食べたのが原因に間違いはないんですが、
おかげで普通の卵の生臭さが際立って気になり始める始末wヽ(;▽;)
生臭い、魚のような匂いです。
最近これを嗅ぐと食欲が幻滅しますorz
ゆで卵や半熟卵だとより気になりますが、炒めてしまえばさほど気になりません。
けれども以前より気になるようになったことは確かです。

卵が生臭くなるのは、エサと鶏の腸内環境が関係していて、
エサが十分に鶏の腸内で消化、分解できないとこういった臭い匂いになります。

でもこれって実はフルーツも同じなのではないでしょうか?
土壌で消化、分解しきれなかった養分が植物の根から吸い上げられることで、えぐみとなり、フルーツ本来の香りが阻害され、
フルーツの中にあるそのえぐみや臭みが、フルーツ自身を腐らせる元となるのです。

生命力のあった生き物は死んでも細胞内の消化酵素で自己消化、自己分解できるように、
生命力のあるフルーツは収穫後も腐らず、自己分解するのです。

香料など人工的に作られた香りが本物か偽物かを見分けるのは難しいですが、
人間が本来持つ、発酵と腐敗を嗅ぎ分ける能力は、
良い食べ物と悪い食べ物を区別し、
健康に生きるための生命力を蓄えるためにあるんじゃないかと思います(*・ω・)ノ

・・・いやでも、
普通の卵すら食べられなくなったら
これから何食べればいいんだろうwヽ(;▽;)ノ

農場ツアー[Happy Egg Hunting]参加者受付中です★

—————————-
農場ツアー「Happy Egg Hunting」in マレーシア
参加者受付中です♪

催行の案内はこちらから。
参加申込はこちら

—————————-

スポンサーリンク

シェアする

フォローする