スポンサーリンク

マレーシアの税金手続き[Form E]提出までにやったことまとめ

こんにちは!Chihiroです(*・ω・)ノ

今回はマレーシアの会社の税金手続きの1つ、3月末のForm Eの提出前にやったことを書いていきます。
Form E提出自体は難しくないのですが、実は提出までにさまざまな手続きを踏んでいなければいけなかったようで。
それを全く知らなかった私は毎日のように税務署(LHDN)に通いつめましたw
この記事を読んでいる皆さんにはこんな大変な思いして欲しくないので、一つ一つの項目がすでにやってあるか確認していただければと思います。

ちなみにLHDNは州ごとに支店があるようですが、Masjid Jamek駅近くのメナラ・オリンピア(Menara Olympia)にあるKLのHQがおすすめです。
対応めちゃめちゃ良いです。

スポンサーリンク

個人の納税者番号(Income Tax Number)を登録

メナラ・オリンピア(Menara Olympia)3階のUnit Profilingと書かれたLHDNオフィスへ行きます。


オフィスの人から申し込み用紙をもらって記入し、パスポートコピーとともに提出。
10分程度でSGで始まる納税者番号をゲット。
ついに2か国の納税者となってしまいました。はは。

PINナンバー発行

PINナンバー発行申込書を4階受付でもらって記入。
以下の書類とともに提出します。

  • SSM提出用会社登録フォーム(Directorの名前、住所等書かれた用紙)
  • SSM会社登録証明書(Section17)
  • パスポートコピー
  • 個人納税者番号発行証明書

タックスファイル登録(雇用主用納税番号取得)

勘違いしていたんですが、会社の納税番号(Income Tax No.)は1つだけでなく、いろんな種類のものがあるようで、PINナンバーを発行しただけではForm Eを提出できません。
Eから始まる雇用主用の会社の納税番号を取得しておく必要があります。
※従業員がいない場合でもEナンバーは必要です。

Eナンバー発行はネットからe-Daftarのサイトで申し込みができるのですが、発行されるのには3営業日がかかります。
私の場合、Form Eの締め切りも迫っていて、不備があって棄却されると困るので直接LHDNへEナンバーを発行しに行きました。

会社のタックスファイルの登録(Eナンバー発行)は4階のUNIT KHIDMAT MAJIKANのオフィスで行います。

スタッフにFile Registration Form For Employerの申込書をもらって記入します。
そして以下の書類とともに提出します。

  • Application For Registration Of A Company(Section14)
  • Notice Of Registration(Section15)
  • Certificate Of Incorporation Of Private Company(Section17)
  • Form49(Section58)

上の3つの書類は会社の秘書役の方にもらいましたが、
Form49はメナラ・オリンピアの近くのPuduバスターミナルビルに入ったSSMオフィスの近くのエージェントで発行してもらいました。
SSMオフィスに行ってForm49がほしいと言えば案内してもらえます。

Eナンバーを発行してもらったら、Form Eがネットで提出できるようになります。

まとめ

Form E提出までに個人税金番号登録やらいろいろな手続きがあることを知らなかったので結局LHDNに4日間ほど通いつめました(苦笑)
けどどの部門も対応が早くしっかりしていたので、この手順さえ踏んでいれば1日で終わった・・・かな・・・うん。

農場ツアー[Happy Egg Hunting]参加者受付中です★

—————————-
農場ツアー「Happy Egg Hunting」in マレーシア
参加者受付中です♪

催行の案内はこちらから。
参加申込はこちら

—————————-

スポンサーリンク

シェアする

フォローする